メニューへ移動  本文へ移動 日本ユニシス株式会社


トピックス  

「BADMINTON S/J LEAGUE」男子チーム惜しくも準優勝!

2016年11月5日-2017年2月12日開催


2016年11月5日に開幕したBADMINTON S/J LEAGUEは、2017年2月12日代々木第二体育館において最終戦が行われ、日本ユニシス男子チームはトナミ運輸との全勝対決に敗れ、惜しくも準優勝となりました。なお、女子チームも準優勝に終わっています。
大会期間中応援いただきました皆様、ありがとうございました。
来シーズンこそ男女同時V奪還を目指して戦いますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

日本ユニシス男子チーム
日本ユニシス男子ーム


個人賞として、坂井一将が殊勲選手賞を、金子・井上組が敢闘選手賞を、渡辺勇大が新人選手賞を受賞しました。

個人賞受賞者
個人賞受賞者


試合レポート
対戦結果
BADMINTON S/J LEAGUE

■男子チーム試合日程 試合形式 : 2複1単(ダブルス2試合 + シングルス1試合)の団体戦
第1戦
第2戦
第3戦
第4戦
第5戦
第6戦
第7戦
11/5(土)
11/6(日)
12/24(土)
1/29(日)
2/5(日)
2/11(土)
2/12(日)
vs トリッキーパンダース
vs JR北海道
vs 日立情報通信エンジニアリング
vs 三菱自動車京都
vs NTT東日本
vs 金沢学院クラブ
vs トナミ運輸
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[×1-2]
北海道立総合体育センター
北海道立総合体育センター
広島市中区スポーツセンター
新潟市東総合スポーツセンター
さいたま市記念総合体育館
国立代々木競技場第二体育館
国立代々木競技場第二体育館


【試合レポート】

【第7戦:2月12日 VS トナミ運輸】  ・スコア
第1ダブルス遠藤大由・渡辺勇大組の相手は全日本総合の決勝と同じ園田・嘉村組。立ち上がりから世界トップレベルの攻防を繰り広げ、何度もリードが入れ替わる中、第1ゲームを先取。第2ゲームは追いかける展開から、差を広げられて奪われ、勝負はファイナルゲームへ。立ち上がりの競り合いからリードを奪うものの、最後は押し切られて敗れました。
遠藤大由・渡辺勇大組
遠藤大由・渡辺勇大組

後がなくなったシングルスは、こちらも昨年の総合決勝と同じ坂井一将が西本選手と対戦。立ち上がりリードされたものの、次第に落ち着きを見せて追いつくと、一気にリードでゲームを先取。勢いを失わず、第2ゲームも立ち上がりからリードのまま差を広げ、総合の雪辱を果たすとともに優勝の望みを第2ダブルスにつなげます。
坂井一将
坂井一将

第2ダブルス金子祐樹・井上拓斗組は、序盤リードをつかみますが、流れを奪われ第1ゲームを奪われます。第2ゲームは前半リードするも、追いつかれると、じりじりと引き離され、敗戦。あと一歩のところで、優勝を逃し準優勝に終わりました。
金子祐樹・井上拓斗組
金子祐樹・井上拓斗組




【第6戦:2月11日 VS 金沢学院クラブ】  ・スコア
第1ダブルス遠藤大由・渡辺勇大組は危なげなくストレートで勝利し、シングルスにつなぎます。
遠藤大由・渡辺勇大組
遠藤大由・渡辺勇大組

続くシングルス坂井一将もストレート勝利、チームの勝利を確定させました。
坂井一将
坂井一将

第2ダブルス金子祐樹・井上拓斗組も完勝で、翌日のトナミ運輸との全勝対決に臨みます。
金子祐樹・井上拓斗組
金子祐樹・井上拓斗組




【第5戦:2月5日 VS NTT東日本】  ・スコア
第1ダブルス金子祐樹・井上拓斗組は立ち上がりからテンポ良く攻めてリードを守って先取。第2ゲームも主導権を握り、後半も連続ポイントでリードを広げてストレート勝ち。
金子祐樹・井上拓斗組
金子祐樹・井上拓斗組

続くシングルスは第1戦以来の出場となる上田拓馬が登場。終始先行でゲームを進めて、第1ゲームを奪います。第2ゲームは先行しつつも何度も追いつかれ、後半逆転を許しますが、慌てることなくラリーを重ね奪取し、チームの勝利もつかみました。
上田拓馬
上田拓馬

第2ダブルスには、昨秋のヨネックスオープンジャパン以来となる早川賢一・遠藤大由ペアが復活。立ち上がりリードを許すも、すぐに取り戻し、連続ポイントで先取。第2ゲームも、遠藤の幅広いコートカバーを受けて、早川ののびのびと楽しげなプレーでリード。一度は逆転されるも、すぐに再逆転でリードを広げると最後は早川のスマッシュが決まって勝利。
早川賢一・遠藤大由組
早川賢一・遠藤大由組

この日もゲームを落とさない完勝で全勝を守りました。ここまで落としたゲームは1つと、勢いに乗って最終戦に臨みます。 今週末の代々木第2体育館では、土曜日に金沢学院クラブと対戦。これに勝てば6戦全勝となり、最終日の日曜日にトナミ運輸と優勝を賭けた対戦となります。引き続き皆様の熱い声援をどうぞよろしくお願いいたします。



【第4戦:1月29日 VS 三菱自動車京都】  ・スコア
第1ダブルスは遠藤大由・渡辺勇大組が順当にストレート勝ちを収めてチームに勢いをつけます。
遠藤大由・渡辺勇大組
遠藤大由・渡辺勇大組

続くシングルスは坂井一将が登場。第1ゲームを先取、第2ゲームは力の差を見せて勝利し、チームの勝利を確定させました。
坂井一将
坂井一将

第2ダブルスの井上拓斗・金子祐樹組は第1ゲームで立ち上がりから相手を圧倒して奪取。第2ゲームはやや流れを失いジュースに持ち込まれますが、振り切ってストレートで勝利しました。
井上拓斗・金子祐樹組
井上拓斗・金子祐樹組

今季は全試合に出場している井上・金子組が自身4勝目をあげ、チームも全勝を守りました。次週はさいたま市でNTT東日本と対戦です。いよいよリーグも終盤戦、男女揃っての優勝を目指す日本ユニシスチームに皆様も熱い声援をお願いします。



【第3戦:12月24日 VS 日立情報通信エンジニアリング】  ・スコア
第1ダブルスの遠藤・渡辺組は序盤の競り合いから途中リード、その後もじわじわと引き離し第1ゲーム先取。第2ゲー ムも同じような競り合いから先にゲームポイントを握られるも、慌てずに固いレシーブで逆転、3連続ポイントで最初の勝利をつかみます。
遠藤大由・渡辺勇大組
遠藤大由・渡辺勇大組

シングルス坂井一将は第1ゲームをサイドを狙ったスマッシュなどでリードし、相手が追い上げるも連続ポイントで振り切り先取。第2ゲームはコントロールに苦しみリードされるも、猛然と反撃し、ジュースにもつれ込みます。お互いに決められずにジュースを繰り返しますが、最後は得意のヘアピンを相手がネットにかけ勝利し、チームの勝利も決めました。
坂井一将
坂井一将

第2ダブルス井上・金子組は4連続ポイントでリードを奪うと、そのままリードを広げ奪取。第2ゲームもペースを崩さず、リードしてインターバルを迎えると、後半も相手の追い上げを許さず勝利。昨年は苦戦した相手に1ゲームも落とさずに完勝して3勝目を挙げました。
井上拓斗・金子祐樹組
井上拓斗・金子祐樹組

【第2戦:11月6日 VS JR北海道】  ・スコア
地元のJR北海道との対戦。第1ダブルスは前日から続いての試合となった井上・金子組。牧野・渡部組に対しコンビよくポイントを重ね、第1ゲームを奪います。第2ゲームも流れに乗ったまま勝利しました。
金子祐樹・井上拓斗組
金子祐樹・井上拓斗組

次のシングルスは上田拓馬が登場。若い塚本を相手に、中盤から徐々に引き離し、終盤の追い上げをかわして先取。第2ゲームもラリーを重ね、中盤からは完全にペースをつかみ、ストレート勝ちで勝ち点を確保します。
上田拓馬
上田拓馬

第2ダブルスには佐伯祐行・垰畑亮太組が出場。佐伯のスピードと垰畑のパワーの組合せで、ルーキー岡村・榊組を圧倒。 第1ゲームを先取すると、第2ゲームも前半からリードし、ストレート勝利。 3-0完勝で連日の2勝目を挙げました。
佐伯祐行・垰畑亮太組
佐伯祐行・垰畑亮太組


【第1戦:11月5日 VS トリッキーパンダース】  ・スコア

第1ダブルスには遠藤大由・渡辺勇大組が登場。 相手は台湾のリャオ・井谷組。遠藤のスマッシュで最初のポイントを挙げリードしたあと、競り合いとなるも、渡辺がストレートに打ち込んで先取。第2ゲームはリードされますが、5連続ポイントで追いつくとそのまま押し切り幸先良い勝利となりました。

遠藤大由・渡辺勇大組
遠藤大由・渡辺勇大組

続くシングルスは坂井一将が登場。福田との戦いは序盤の競り合いから固いレシーブでリードし、最後は連続ポイントで先取。第2 ゲームは、先行を許すものの、攻めの姿勢を崩さずに追い上げ、最後は強烈なスマッシュを見舞ってストレート勝ち。早くもこの対戦の勝利を決めました。

坂井一将
坂井一将

第2ダブルスの金子祐樹・井上拓斗組対高階・米田組の対戦は立ち上がりから競り合い、リードできないままゲームを失います。第2ゲー ムは接戦から逆に振り切って勝利。ファイナルゲームは激しいラリーの応酬からペー スをつかみ、最後は二人が交互にスマッシュを決めて勝利。1ゲームは失ったものの、3-0で初戦を飾りました。
井上拓斗・金子祐樹組
井上拓斗・金子祐樹組




【対戦結果】

第7戦
日本ユニシス
1-2
トナミ運輸
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
1 21-18
14-21
13-21
2 園田 啓悟
嘉村 健士
坂井 一将 2 21-16
21-10
0 西本 拳太
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
0 17-21
13-21
2 保木 卓朗
小林 優吾

第6戦
日本ユニシス
3-0
金沢学院クラブ
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-14
21-16
0 伊東 克範
黄 智万
坂井 一将 2 21-11
21-10
0 藤田 遼
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-16
21-11
0 小林 晃
荒井 大輝

第5戦
日本ユニシス
3-0
NTT東日本
第1複 金子 祐樹
井上 拓斗
2 21-18
21-13
0 松丸 一輝
齋藤 太一
上田 拓馬 2 21-14
21-17
0 佐藤 黎
第2複 早川 賢一
遠藤 大由
2 21-11
21-17
0 小松﨑 佑也
藤野 琢人

第4戦
日本ユニシス
3-0
三菱自動車京都
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-13
21-12
0 吉川 改
疋田 聖也
坂井 一将 2 21-19
21-12
0 常山 明良
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-7
22-20
0 大狩 光貴
相馬 匠

第3戦
日本ユニシス
3-0
日立情報通信エンジニアリング
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-15
22-20
0 大嶋 一彰
山﨑 裕太
坂井 一将 2 21-14
28-26
0 丸尾 亮太郎
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-14
21-14
0 松居 圭一郎
高野 将斗

第2戦
日本ユニシス
3-0
JR北海道
第1複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 21-9
21-13
0 牧野 公亮
渡部 大
上田 拓馬 2 21-17
21-12
0 塚本 光希
第2複 佐伯 祐行
垰畑 亮太
2 21-12
21-12
0 岡村 和輝
榊 大史

第1戦
日本ユニシス
3-0
トリッキーパンダース
第1複 遠藤 大由
渡辺 勇大
2 21-19
21-15
0 井谷 和弥
リャオ・ミン・チュン
坂井 一将 2 21-11
21-16
0 福田 春樹
第2複 井上 拓斗
金子 祐樹
2 19-21
21-19
21-14
1 高階 知也
米田 健司



* 関連リンク
・女子チーム試合結果
・BADMINTON S/J LEAGUE


試合結果メニュー

試合結果

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年

トピックス
  バックナンバー