掲載日:2014年1月20日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第34回 「豊洲フェスタ」を通じて、地域の方々と交流

日本ユニシスグループは、豊洲地区の地域貢献の一環として、10月26日・27日に豊洲文化センターで行われた「第20回豊洲フェスタ」に参加しました。

豊洲フェスタは、公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団が、豊洲地域の企業や団体と地域の方々との交流のために毎年秋に開催しているイベントで、日本ユニシスグループは今回9回目の参加となります。

今回の豊洲フェスタには、近隣から26の団体と企業がブースを出展。模擬店や展示をはじめ、体験教室や野外ライブなど、さまざまな催しが行われ、2日間を通じて約5,800名の来場者が訪れました。

日本ユニシスグループでは、「ICTが人と社会にできること」をテーマとしたブースを設置。「笑顔認証システム」の体験コーナーや、コンピュータの歴史と日本ユニシスのかかわりなどを紹介しました。また、小さなお子様でもその場で楽しめるペーパークラフトやぬりえ、ディズニーのジグソーパズルなどを用意。会場スタッフはボランティア社員が行い、地域の方々との交流を深めました。

第20回豊洲フェスタの様子

日本ユニシスグループは、「ICTが人と社会にできること」をテーマにブースを設置。お子様連れなど多くの来訪者の方に来ていただきました。

第20回豊洲フェスタの様子

「笑顔認証システム」は、子どもたちに大人気。

第20回豊洲フェスタの様子

ディズニーのジグソーパズルに子どもたちも真剣そのもの。

第20回豊洲フェスタの様子

第20回豊洲フェスタの様子

ぬりえやペーパークラフトなど、子どもたちの作品がならびました。

ページの先頭に戻る