掲載日:2014年11月7日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第37回 お父さん、お母さんの職場を体験してみよう 〜今年も「夏休み♪子ども参観日」を開催〜

日本ユニシスグループは、2009年から毎年社員の子どもたちを招いて「夏休み子ども参観日」を開催しています。

今年は8月6日(水)に日本ユニシス豊洲本社ビルで開催し、28家族72名の親子が参加しました。

出社した子どもたちは、会社の仕事について話を聞いたあと、役員フロアや、お父さん・お母さんが普段働いている執務フロアを訪問。行く先々で暖かい歓迎を受けて楽しいひと時を過ごし、元気に退社していきました。

家庭では見られない親の働く姿を見ることで、子どもたちが“働く”ということについて考える機会になればと考えています。

また当社グループは、人材こそ会社発展の原動力であると考えています。本イベントを通じ、社員が家族の理解と共感を得て、それが社員の働きがいにつながることを期待しています。

ISO26000の中核主題

ISO26000の中核主題の図

日本ユニシスグループは、ISO26000をガイダンスとし、CSR経営を進めています。

社長室を訪問、笑顔で記念撮影の様子

社長室を訪問、笑顔で記念撮影

大勢の社員と一緒に社員食堂でランチの様子

大勢の社員と一緒に社員食堂でランチ

役員室で少し緊張しながら名刺交換の様子

役員室で少し緊張しながら名刺交換

ページの先頭に戻る