掲載日:2015年1月30日

CSR(企業の社会的責任)活動レポート 第38回 「Corporate Report 2014」を発行 〜企業価値創造の全体像を皆様にお伝えするために〜

2014年10月、「日本ユニシスグループ Corporate Report 2014」を発行しました。本書は、昨今関心が高まっている統合報告を意識し、従来のCSRレポートに、事業戦略や財務情報を中心としたアニュアルレポートの要素を盛り込み、1冊の報告書としてまとめたものです。また、併せて財務セクション編をWebサイトにPDF形式で掲載しました。

日本ユニシスグループは、企業理念に「わたしたちが社会に果たすべきこと」として「すべての人たちとともに、人と環境にやさしい社会づくりに貢献します」と掲げています。本書は、その理念を根幹とする中長期成長の方向性や中期経営計画の進捗、事業を通じた社会との共有価値創造(CSV=Creating Shared Value)への取り組みなど、当社グループの企業価値創造の全体像を幅広いステークホルダーの皆様にお伝えすることをめざしました。

当社グループの中長期的価値創造について語るトップメッセージから、CSVの一例として「ICTで支える医療・ヘルスケアの未来」の紹介、パフォーマンス報告、社外有識者とCSR実務を担当する社員との対話(ダイアログ)などを掲載しています。

また、本書では日本ユニシスグループの多岐にわたるCSRの取り組みのなかから、とくに「社会と当社グループ双方にとって重要性が高いと考える事項」について掲載しました。一方、より網羅的なCSR情報については、Webサイトに掲載しています。

ISO26000の中核主題

ISO26000の中核主題の図

日本ユニシスグループは、ISO26000をガイダンスとし、CSR経営を進めています。

「日本ユニシスグループ Corporate Report 2014」の表紙イメージ

トップメッセージの誌面イメージ

トップメッセージ

ICTで支える医療・ヘルスケアの未来の誌面イメージ

ICTで支える医療・ヘルスケアの未来

ページの先頭に戻る