掲載日:2014年3月20日

“医療×ビッグデータ”でめざす世界。松田 文彦 京都大学大学院医学研究科教授 同 研究科附属ゲノム医学センター長 福島 敦子 キャスター・エッセイスト

100万人規模のビッグデータを活用し産学のイコールパートナーシップで日本の医療を変革する。

膨れあがる医療費問題を筆頭に、現在の日本社会は医療に関するさまざまな課題を抱えています。その解決に向けた1つの道筋として、遺伝情報の解析結果に基づき、個人の体質をふまえた最適な治療を提供するという新しい医療の研究が進められています。

今回は、ゲノム研究の第一人者である京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター長 松田文彦氏を迎え、日本における最先端の研究やこれからの医療の姿、そこで求められるICTの役割などについて、キャスター・エッセイストの福島敦子氏が話を聞きました。

INDEX

PDFで見る

  1. 発症前に治療する「先制医療」という医療の新しいカタチ
  2. 数万人、数十年規模で健康状態や生活環境を追跡調査する研究を推進
  3. 国内外で進むゲノムコホート研究の大規模プロジェクト
  4. ICT企業と連携しビッグデータの解析に取り組む
  5. 医療の進化で国民の豊かな生活と経済・産業の活性化を

ページの先頭に戻る