掲載日:2014年5月22日

東京五輪の先を見据えて。河野 一郎 独立行政法人日本スポーツ振興センター理事長 福島 敦子 キャスター・エッセイスト

日本での五輪開催は「スポーツ」の概念を変革し、ビジネスや国際貢献の視点から捉える大きなチャンス。

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。観光客増加や関連需要の増大などさまざまな経済効果が期待されるなか、6年後の本大会に向けて、国や企業や国民には何が求められるのか―。

今回は、「未来を育てよう、スポーツの力で。」のメッセージを掲げ、スポーツの国際競技力向上および普及・振興に取り組む独立行政法人日本スポーツ振興センターの河野一郎理事長に、キャスター・エッセイストの福島敦子氏が話を聞きました。

INDEX

PDFで見る

  1. 周辺のサポートが選手の成績を左右する時代に
  2. スポーツ以外の目的にも一流の空間の提供をめざす新国立競技場
  3. 五輪開催国として日本に求められるスポーツでの国際貢献
  4. 空港から始まるあらゆる場面での「おもてなし」
  5. 五輪開催は世界に最新技術をアピールするチャンス

ページの先頭に戻る