掲載日:2015年1月30日

先駆者の覚悟と誇り。樋口 久子 日本女子プロゴルフ協会 相談役 福島 敦子 ジャーナリスト

女子プロゴルフ界の第一人者として、また組織のリーダーとして、自ら新たな道を開き歩んでいく。

スポーツは健康増進や青少年育成、地域振興、国際交流など、多様な形で社会に貢献しています。とりわけ近年、人気のすそ野が広がった日本ゴルフ界は、2016年のリオ五輪から正式種目となることもあり、注目を集めています。

今回の巻頭対談では、ゴルフ界初の文化功労者に選ばれた一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下、LPGA)元会長、現相談役の樋口久子氏を迎え、女子プロゴルフ界を牽引してきた先駆者としての姿勢、LPGAで取り組んだ改革の成果などについて伺いました。

INDEX

PDFで見る

  1. ゴルフの本場・米国で勝負に挑み後輩に道を示す
  2. 周囲への感謝とぶれない姿勢で改革を成功に導く
  3. 感動や勇気を与えるスポーツの力で被災地を支援
  4. 重圧のなか世界で結果を残せる選手を育成・強化

ページの先頭に戻る