鼎談

掲載日:2016年10月

“ワイガヤ”からイノベーションを。 企業を越えて、業種を越えて、規模を越えて。「社会課題先進国」ならではのビジネスエコシステムが日本を強くする。

デジタル技術の進展とともに顧客の価値観やニーズが変化するなか、企業には「ビジネスエコシステム」を構築してイノベーションを生み出し、社会や顧客に“これまでにない価値”を提供していくことが求められています。
今回はジャーナリストの福島敦子氏をファシリテーターに迎え、さまざまな企業や人材が業種や規模の枠を越えてビジネスイノベーションに挑む開発拠点「DBIC」(デジタルビジネス・イノベーションセンター)を設立した特定非営利活動法人CeFIL(セフィル)理事長の横塚裕志氏と、「ビジネスエコシステム」の実現に積極的に取り組む日本ユニシス社長の平岡昭良が意見を交わしました。

日本ユニシス株式会社 代表取締役社長 平岡 昭良 特定非営利活動法人CeFIL理事長 兼 DBIC代表 横塚 裕志 ジャーナリスト 福島 敦子

プロフィールを見る

Profile

横塚 裕志氏の写真

横塚 裕志(よこつか・ひろし)

特定非営利活動法人CeFIL理事長 兼 DBIC代表

1973年、東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険)入社。情報システム部長、常務取締役IT企画部長を経て、2009年に東京海上日動システムズ社長に就任。2013年、東京海上日動システムズ顧問に就任。特定非営利活動法人CeFIL理事長のほか一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)会長も務める。

平岡 昭良の写真

平岡 昭良(ひらおか・あきよし)

日本ユニシス株式会社 代表取締役社長

1980年、日本ユニバック(現・日本ユニシス)入社。2002年に執行役員に就任、2005年から3年間CIO(Chief Information Officer)を務めた後、事業部門責任者として最前線の営業・SEの指揮を執る。2011年に代表取締役専務執行役員に就任。2012年よりCMO(Chief Marketing Officer)としてマーケティング機能の強化を図る。2016年4月、代表取締役社長CEO(Chief Executive Officer)/CHO(Chief Health Officer)に就任。

福島 敦子氏の写真

福島 敦子(ふくしま・あつこ)

ジャーナリスト

松江市出身。津田塾大学英文科卒。中部日本放送を経て、1988年独立。NHK、TBSなどで報道番組を担当。テレビ東京の経済番組や、週刊誌「サンデー毎日」でのトップ対談をはじめ、日本経済新聞、経済誌など、これまでに700人を超える経営者を取材。上場企業の社外取締役や経営アドバイザーも務める。島根大学経営協議会委員。著書に「愛が企業を繁栄させる」「それでもあきらめない経営」など。

ページの先頭に戻る