掲載日:2014年5月22日

Professional Golfers:プロフェッショナルの肖像

2013シーズンよりもひと回り大きくなった姿を見てもらいたい。

池田 勇太プロの写真

プロゴルファー 池田 勇太

Profile

1985年12月22日生まれ、千葉県出身。2007年にプロ転向し、2009年6月の「日本プロゴルフ選手権」で初優勝を挙げると、8月の「VanaH杯 KBCオーガスタ」、10月の「キヤノンオープン」と「ブリヂストンオープン」を制して年間4勝。続く2010年も年間4勝をマークし、以後毎シーズン勝利を重ねている。ゴルフファッションの主流がタイトなシルエットになった現在も、ゆったりとした“3タック”を好み、池田プロの代名詞となっている。今季は選手会長として2期目を迎えた。

My Style
自分のなかの基準をつくればおのずと距離感は合ってくる。
部門別データで昨年は4位、2010年は1位に輝いている平均パット。そんなパットの名手である池田プロに距離感を合わす秘訣を聞いた。「ラウンド数が少ない方は絶対的な距離がないので、朝の練習で基準をつくることが大切です。5メートル打つにはどんな強さ、スピードなのか。反対に気持よく打てばどのくらい転がるのか。カップインの練習も大切ですが、距離を合わせる練習も忘れずに」