掲載日:2015年6月5日

Professional Golfers:プロフェッショナルの肖像

今年こそ優勝を果たし、応援してくださる方への恩返しをしたい。

原 江里菜プロの写真

プロゴルファー 原 江里菜

Profile

1987年11月7日生まれ、愛知県出身。10歳からゴルフを始める。宮城県の東北高校から東北福祉大学へ。大学2年生で最終予選会に進み、プロとして単年登録。2007年1月1日付でプロ転向し、新人ながら賞金ランク19位に入り、一躍人気プロに。2008年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で日本選手の54ホール最多アンダーパー記録となる通算21アンダーでツアー初優勝。正確なショットを武器に、今季はツアー2勝目をめざしている。

My Style
ミスも最小限に抑えられる「ライン出し」を習得すべし。
2014年はパーセーブ率3位だった原プロ。正確なショットを支えるのが、方向性重視のライン出しだ。「フルショットで点を狙うより、ミスしても想定内で収まりますからね」。力は7割くらい、大切なのは手首を返すフェースターン。「両足を閉じて素振りをすると自然と手首は返りますよね。その感覚です」。基本の延長線上の高等テクニックだ。