ユーザー事例

掲載日:2015年10月20日

百五リース株式会社 様

オートリース事業の本格展開に向け日本ユニシスが新たに開発した
次世代リース業基幹システムを導入。

百五リース様イメージ写真

プロジェクトにおける日本ユニシスの誠意ある対応を評価

こうして2013年7月、Lease Visionを基盤にした基幹システムの再構築プロジェクトがスタート。開発計画では、新基幹システムの機能のうち、オートリース業務にかかわる機能の開発を先行させました。その理由は、すでにオートリース事業の展開が始まっていたためです。

前述のように百五リース様では、中期経営計画に基づいてオートリース事業に向けた組織体制を整え、2013年4月から提案活動を開始していました。そのため当初は旧システムの一部活用やPCでの手作業でオートリース業務に最低限必要になる機能を用意し、早期にその機能を新システムに移行して事業を本格展開させることを優先する。並行してほかの部分の開発を進め、最終的にオートリース業務にかかわる全機能を新システム上に統合する――というのが計画の全体像でした。

プロジェクトにおいて同社側のチームリーダーを務めた総務部長の林功氏は、当時を振り返って語ります。

「まずはオートリース部分の要件定義から始めたのですが、当社にとって新事業だったこともあって、オートリース業務に精通した日本ユニシスさんにはいろいろとサポートしてもらいました。要件定義の前提として『どのようなサービスを提供するのか』『そのためにどのような機能が必要か』といった当社側のニーズを、うまく吸い上げてもらえたと思います」

プロジェクトでは、表出した課題をすべて記録し、課題を1つひとつクリアしながら、より実務に即した機能やインタフェースを整備していきました。

「日本ユニシスさんは、東京にいる開発部門も一体となってフィールドテストを実施したり、Lease Vision本体の開発状況まで詳しく報告したりしてくれるなど、ユーザーの視点に立って対応してくれました」(林部長)

導入の背景と導入後の効果

Before
  • 新たな事業展開を支えるICT基盤の整備
  • カスタマイズによる既存システムの複雑化、運用ノウハウの属人化
  • 国際会計基準など将来の制度改正を見すえた柔軟なICT基盤の確保
After
  • オートリース事業の本格展開
  • 業務効率の向上
    • 変則回収のシステム化
    • 月をまたがった処理の前倒し
    • 複数リース物件の一括引落とし
    • 振込み手数料の自動集計 など
  • 情報分析に基づく効果的な戦略立案

ページの先頭に戻る