2012年12月14日掲載

ユーザー事例

味の素 様 「味の素ファン」の拡大に向け『U-Cloud®』を基盤に食のコミュニティサイトを構築。

リニューアルのコンセプトは“お客様に寄り添う”サイト

高橋 清仁氏の写真

「プロジェクトチームは、レシピサイトの運営を担ってきた食品事業本部のメンバーだけでなく、広報部やお客様相談室、情報企画部、そして当社グループのシステム開発を担うNRIシステムテクノ社も含め、まさに全社一丸となった体制でスタートしました」と語るのは、津布久氏とともにプロジェクトチームの事務局を務めた販売マーケティンググループ専任課長の高橋清仁氏です。

「プロジェクトは、リニューアルにあたっての目標とコンセプトを明確化することからスタートしました。活発な討議を重ねるなかで、レシピ情報の提供によって、お客様の食生活の充実に貢献することで『味の素ファンづくり』につなげるという目標を設定し、その実現に向けて“お客様に寄り添う”サイトというコンセプトを固めました」(高橋氏)

このコンセプトのもと、プロジェクトチームのメンバーは1年後のリニューアルオープンをめざして、具体的なコンテンツの検討や解決すべきシステム上の課題抽出に取り組みました。

「レシピサイトは、お昼前や夕方など調理時間に、瞬間的にアクセスが増加する傾向があります。既存サイトでも、サーバを3台構成にして負荷を分散するようにしていましたが、それでも混雑時にはサイト内検索の結果表示が遅くなるなど、お客様にストレスを与えかねない状況でした。また、基本的なシステム設計が10年以上前のものだけに、最先端のWeb技術に対応させるためには大がかりな改修が必要となります。そのため、現状のサーバからレシピサイトのみを取り出し、新たなサーバ上で運営することを決めたのです」(高橋氏)

とはいえ、新たなサーバを構築するには相応の業務負荷とコストがかかり、その負担をいかに抑えるか、アクセスの集中をどう解決するか、さらには将来的な会員増にどう対応するか…課題は山積みでした。これらの課題に対して「アウトソーシングして、クラウドを活用する」という解決策を提案したのが、NRIシステムテクノ社からプロジェクトチームに参加していた戦略企画グループの長岡裕之氏でした。

「AJINOMOTO PARK」のシステム概要図

ページの先頭に戻る