2012年12月14日掲載

ユーザー事例

味の素 様 「味の素ファン」の拡大に向け『U-Cloud®』を基盤に食のコミュニティサイトを構築。

効率的かつ機動的なサイト運営に向けてクラウドを活用

レシピサイトの全面リニューアルにあたって、クラウド化というソリューションを導いた理由について、長岡氏は次のように語ります。

長岡 裕之氏の写真

「今回、私たちが構築をめざしたのは、豊富なレシピの中から検索システムにより最適な情報を提供するとともに、数10万人、将来的には数100万人規模の会員による双方向的なコミュニケーションを実現するサイト。その実現には、レシピや会員情報、会員から寄せられるコメントや要望など、膨大な情報を管理できるだけの大規模サーバが必須となります。しかし、これを自社で所有しようとすれば、導入・構築に多大なコストと時間を要するだけでなく、以降の増設・改修にもその都度コスト負担がかかります。また、導入時には最先端のシステムであっても、いずれITの進歩とともに陳腐化が避けられず、既存サイトの二の舞ということにもなりかねないと考えたのです」

かねてから独自に情報収集を進めてきた長岡氏は、「自らサーバを所有するのでなく、必要に応じて利用する」クラウドこそ、これらの課題を解決する最善の方策だと確信していました。

「クラウドであれば、初期コストを抑えつつ、早期の立ち上げが可能なだけでなく、キャンペーン期間などの一時的なアクセス集中や、将来的な増設・改修にもタイムリーに対応できます。また、クラウドの運営者が常に最新の環境を用意するため、陳腐化の心配もありません。今後、双方向コミュニティサイトとして戦略的に発展・進化させていくためには、クラウドを利用するのがベストの選択だと考えたのです」(長岡氏)

長岡氏の提案をふまえて、クラウド環境を提供するパートナーを選択すべく、まずは各社のWebサイトやカタログから情報を収集。そこから選んだ7社にプロジェクトの概要を伝え、実現可能性や費用などについて情報提供を依頼しました。そのうえで、クラウドの性能や、運用体制の信頼度、セキュリティ、価格などをトータルに評価し、2社に絞り込みました。

この両者に具体的な要望をまとめたRFP(提案依頼書)を示し、それぞれの提案を比較検討した結果、日本ユニシスの『U-Cloud®』の採用が決定しました。

ページの先頭に戻る