2013年7月23日掲載

ユーザー事例

中部電力 様 経営のさらなるスリム化・効率化をめざし販売系システム端末約3,000台のシンクライアント化プロジェクトを推進。

サーバの仮想化やクラウド化で経営の効率化をさらに推進

風力発電のイメージ写真

情報システム部では今後、販売系システムをさらに進化させていく方針です。直近の取り組み課題は「アプリケーションサーバの仮想化」。シンクライアント化によって各端末上のアプリケーションは仮想化しましたが、今のところは、営業、配電、関係会社それぞれの業務単位で、複数のサーバを設置してアプリケーションを配信している状況です。

「今後早期にサーバの仮想化を実施して、各サーバの稼働率を上げてICTインフラをより有効活用していきたいと考えています。また、端末についても、将来的には社内の汎用端末と統合していく計画で、日本ユニシスさんに技術協力をお願いしています」(中條氏)

さらにその先を見据えて、山田氏は次のように語ります。

「将来的にはプライベートクラウドによってさらなる効率化と生産性の向上を進めていく計画です。端末からアプリケーションをなくす今回のシンクライアント化は、こうした大きな計画の一環であり、将来につながるプロジェクトなのです」

また、クラウド化とともに、開発工程の標準化を進めていくと栗林氏は言います。

「これまでは業務の高度化を優先した個別開発が中心でしたが、今後はレベルの異なるいくつかのプライベートクラウド環境をプラットフォームとして用意し、そのなかで各業務に応じたシステムを効率的に構築していく方針です。また、現在の端末は据え置き型のものが主流ですが、当社グループの業務は、お客さま先での打ち合わせや現場での設定などさまざまなので、スマートフォンやタブレット端末の利用も含めて、各業務のワークスタイルに適したシステムを構築していきたいと考えています」

さらに山田氏も今後の日本ユニシスへの期待を次のように話します。

「これから予想される電力システム改革においては、発電や系統制御部門だけでなく私たち情報部門にも新たな使命が与えられるでしょう。長年のパートナーである日本ユニシスさんには、これからも経営資源の最適化や新しい技術の適用など、幅広い支援を期待しています」

営業担当の声 重要な社会インフラを担うお客様に貢献できるよう強い使命感をもって提案活動に努めていきます。

日本ユニシスグループは、中部電力様の創業以来、一貫して業務の機械化をお手伝いしてきました。今回のプロジェクトにおいても、構想段階からコアパートナーと認めていただき、ゴールを共有させていただけたことに大変感謝しています。

ホスト端末の大規模なシンクライアント化は、私たちにとっても初めての取り組みであり、ソフトウェアの動作確認やシステム構成の最適化、性能検証にはとくに力を注ぎました。Citrix社製品の機能ではカバーできない課題には、日本ユニシス独自のソリューションや開発で対応するなど、プロジェクト全体を通して私たち自身も成長できたと感じています。

昨年度からは、次のステップとなるプライベートクラウド環境の構築もお手伝いさせていただいています。電力という重要な社会インフラを担う企業のシステムを担当することには、強い責任と使命感を感じます。

今後もこれまで同様、常にお客様の視点に立ち、システム利用部門や最終顧客への影響・効果を考えた提案に努め、さらなるお客様価値を創造していくことで、いつまでも“信頼されるコアパートナー”であり続けたいと思います。

大島 俊輔、柴崎 僚太の写真

大島 俊輔(左)
ユニアデックス株式会社 中部システムサービス統括部
ソフトウェアサービス部 スペシャリスト

柴崎 僚太(右)
中部支社 中部公共ビジネス部
第1グループマネージャ

ページの先頭に戻る