2014年11月7日掲載

ユーザー事例

神奈川県横須賀市 様 被災現場への戦略的な対応を可能にする「クロノロジー」を搭載した画期的な災害情報通信ネットワークシステムを構築。

ニーズ重視の姿勢を基本に、柔軟な対応力と確かな技術力で理想のシステムをかたちに

閲覧画面(イメージ)の写真閲覧画面(イメージ)

提案段階における横須賀市様の日本ユニシスへの印象は「かゆいところに手が届く」というものでしたが、そうした評価は、開発段階でも変わることはなかったと言います。

「開発スタート後に防災に関する法改正があったため、仕様を一部変更する必要が生じましたが、そうした際も、柔軟に対応してもらえるなど、ニーズ重視の姿勢に助けられました。また、単にニーズを受け入れるのではなく、一緒になって考えたうえで“防災システムのプロの視点”から進言する、という姿勢が一貫していたのも好印象です。費用対効果や災害時における運用上のリスクなどから、反映すべきでないと判断した場合は、その理由もしっかり説明してもらえたので、納得して開発を進めることができました」(吉田氏)

同市は、こうした対応面での評価だけでなく、日本ユニシスの技術レベルに対しても評価しています。

イメージ写真

「クロノロジーという手法は、日本ユニシスさんにとっても新しい概念だったと聞いています。それでも、必要な機能や使用法などを的確に把握して、短期間で具体的なかたちにしていく様子から、理解力・技術力の高さが見て取れました」(佐藤氏)

このように、プロジェクトは順調に進捗し、2013年3月には第3世代災害ネットが稼働を開始しました。第1世代のシステムと同様、先駆事例として全国の自治体から問い合わせがあり、早くもほかの自治体にも導入が決定するなど、その価値が認められています。

ページの先頭に戻る