2015年3月20日掲載

ユーザー事例

弘前大学 様 北東北の高度医療を担う中核病院としてICTを活用した業務効率の向上と地域医療連携基盤の構築を推進。

各医療機関と思いを1つに地域全体で医療の質を高めていく

院内の写真

院内EHRシステムが本格稼働を始めた現在、弘前大学病院様は次のステップとして、ほかの病院や医療機関に地域医療連携ネットワークへの参加を呼び掛けていく考えです。対象となるエリアは青森県全域はもとより、同院への紹介患者数が多い秋田県の北部ですが、どのようにしてこれら地域にある医療機関との連携を構築するかが今後の課題だと言います。佐々木氏は、各医療機関に地域医療連携の意義を理解してもらうことが重要になると説明します。

「大切なのは、長期展望と価値観を共有すること。過去の医療介入に関する情報を欠落なくトレースできることは、ほかの医療機関や介護施設間の患者さんの流れをスムーズにし、病床の機能分化には欠かせない機能と考えられますし、院内EHRのデータは災害対策を強化したインフラ上で管理するので患者さんのデータを安全にバックアップできるという利点もあります。何よりも『短命県返上』という県全体の課題解決に役立つものであることを理解していただき、構想全体に共感してほしい。この取り組みは、政府が提唱している『地方創生』を、医療の面から実践していくことでもあると思います」

こうした構想の実現に向けて、その推進母体となるNPOの設立も検討されています。トップダウンではなく、地道な草の根活動によって「思い」を1つにまとめ、医療の質を地域全体で高めていきたいと語る佐々木氏。日本ユニシスへの期待も、さらに大きなものになっています。

「ともにつくり上げてきたEHRシステムを真に生きたものにしていくために、日本ユニシスさんが全国各地で展開してきたさまざまな地域医療連携の経験を活かしてほしい。地域の医療従事者の方々との人的ネットワークづくりやNPOの立ち上げ準備、事務局機能など、ICT以外の実務面でもより踏み込んだサポートを期待しています。地域に貢献できる新しい取り組みを一緒に推進してもらえるパートナーとして、これからもぜひ協力をお願いします」

担当者の声 全国で培った医療分野の経験を活かして社会的意義の大きい取り組みをサポートしたい。

これまで東京、九州、関西、四国など全国各地で医療分野におけるICTソリューションの提供にかかわり、2014年4月からは弘前大学病院様の担当営業となりました。

日本ユニシスは、基幹システムから各種サブシステムまで幅広く弘前大学病院様をサポートしており、長年にわたって病院全体の業務に深くかかわっています。このようにパートナーとして選び続けていただけているのは、常にお客様の視点に立ち、「求められるシステム」「使えるシステム」を、お客様とともにつくり上げるという当社の基本ポリシーが、お客様の考え方と合致しているからだと思います。

今後も、当社にお任せいただいている院内システムの安定稼働に努めるとともに、お客様のニーズをきめ細かく伺い、全国各地での地域医療連携をはじめとする医療分野の経験を活かした提案で各システムをさらに進化させていきたいと思っています。院外への拡張を構想されているEHRシステムについてもご相談を受けており、大学病院ならではの、広い視野に立った取り組みをお手伝いできることに大きなやりがいを感じています。お客様の「思い」に応えられるよう、これからも努力を続けていきます。

金蔵 寛貴の写真

金蔵 寛貴
公共第一事業部
ヘルスケアビジネス部
第一グループ
スペシャリスト

ページの先頭に戻る