2012年10月15日掲載

ユーザー事例

日本中央競馬会 様 トレーニング・センターの坂路タイム自動計測システムにICタグを導入し、計測精度の向上とコスト削減を実現。

新システムへの高い評価をふまえてさらなる提案に期待

JRAのイメージキャラクター「ターフィー」の写真

こうして導入されたICタグ方式の計測システムは、計測成功率がほぼ100%を維持しており、「競馬ファンに計測結果をより確実に提供できるようになった」と好評を得ています。

また、「バーコードを装着するための大きな台布が不要になり、馬が気にせずに走れるようになった」「騎乗者が自分の着衣でバーコードが隠れないかと心配しなくてすむ」など、パフォーマンスの向上につながっています。

こうした成果に加え、提案から導入に至る対応への評価から、同会では引き続きシステム構築に欠かせないパートナーとして、日本ユニシスに大きな期待を寄せているといいます。

「そもそもICタグへの変更は、日本ユニシスからの粘り強い情報提供と親身な提案があって、初めて実現したものといえます。今回のセンサー部の更改によって、ALISのほぼ全体を日本ユニシスが担うことになりましたので、システムを改善する余地がさらに高まったと考えています。次回更改時には、より見やすい調教タイムの表示方法の開発や帳票の改良、両トレーニング・センターの管理負担を低減できる遠隔監視システムの導入など、ソフト・ハード両面からのさまざまな提案を期待しています」(尾崎氏)

営業担当の声 ALISのさらなる進化に向けて、より付加価値の高い提案に努めていきます

JRA様のプロジェクトでは、システム統括室の方々はもちろん、トレーニング・センターの業務課や馬場造園課、建築設備課など、さまざまな部署の方々に多大なご協力をいただきました。加えて、ICタグのメーカーや工事業者など多くのステークホルダーとの連携が欠かせなかったため、事前の調整や認識の擦り合わせには、とくに念入りな準備が必要となりました。大変ではありましたが、「ALISはJRA様にとってなくてはならないシステム。より良いシステムにして、無事稼働させたい」という目的意識をもち、JRA様にご協力いただけたことで、大きなトラブルもなく、スケジュールどおりに稼働させることができました。

当社はALISに20年近くかかわっているだけに、思い入れは相当なものがあります。今後も、常に“お客様の身近な存在であること”をモットーに、より使い勝手のよい機能の開発や計測範囲の拡大など、付加価値を提供できるような提案活動に取り組んでいきます。また、JRA様にシステムを提供させていただくなかで得た経験やノウハウを活かして、民間牧場などの計測システムに関するニーズにも幅広くお応えしていければと考えています。

飯田 久、小林 睦美の写真

飯田 久(右)
官公庁事業部 戦略グループ
上席スペシャリスト

小林 睦美(左)
官公庁事業部 営業一部
第一グループ

ページの先頭に戻る