2009年3月12日掲載

ユーザー事例

花王カスタマーマーケティング株式会社 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

最新の市場情報を“迅速に”誰にでも“便利な形で”提供できる売上情報システムの構築をめざして

花王カスタマーマーケティング(当時・花王販売)様では、1990年代後半から大型汎用機とWebを組み合わせた仕組みで、全国の営業部門が扱う膨大な売上情報の管理と分析を行っていました。しかし、すべてのデータを大規模な基幹業務システム内で集中処理する仕組みだったため、組織変更による売上担当の組み替えや再集計などに相当の時間と手間を要していました。

藤尾 孝也 氏の写真

「販売現場では市場状況に合わせて組織も柔軟に編成していく必要があります。しかし、それをシステムに反映させようとすると、変更規模によっては数日を費やし、基幹業務システムのサービスを一時停止させて更新作業を実施する必要がありました。現場が必要とするのは鮮度の高い情報の分析結果です。今後、より迅速な顧客サービスを実現していくためにも、基幹系を含むハードウェアまで抜本的な見直しを行い、システムを再構築する必要があると考えていました」

こう語るのは、管理部門 営業情報部長の藤尾孝也氏です。

一方、昨今のように経済環境がめまぐるしく変化する時代にあっては、社内組織に限らず、流通環境も大きく変わっていく可能性があります。こうした変化を即座に反映させつつ、最新の売上情報を、営業部門をはじめとした社内の各担当者により便利な形で提供できる――同社はそんな売上情報システムを必要としていました。

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

ページの先頭に戻る