2014年5月22日掲載

ユーザー事例

川崎信用金庫 様 信用金庫の業務を支える統合OAシステムの刷新にあたり、「セキュリティと効率性の両立」をはじめ、さまざまな課題を総合力で解決。

情報収集段階からのコミュニケーション力と体制の安心感が評価のポイント

庄子 友紀男氏の写真

「多岐にわたる課題や目的に、どのように取り組むべきか。まずはその方向性を明確にするための情報収集からスタートしました」と語るのは、統合OAシステム刷新プロジェクトの推進役を担ったシステム部 副部長の庄子友紀男氏です。

「既存システムのベンダをはじめ、複数のICT事業者に協力を仰ぎ、こちらの課題をお伝えしながら、どのようなソリューションがあるのか、最新の技術動向や他社事例について『勉強会』という形で情報を提供いただきました。こうしたコミュニケーションを重ねるなかで、次第にやりたいことが明確になっていきました」

ICT事業者各社と対話を重ねるなかで、とくに印象的だったのが日本ユニシスの対応だったと、庄子氏は振り返ります。

「勉強会そのものへの積極性もさることながら、即答が難しい技術的な質問にもスピーディなレスポンスがあるなど、営業と技術部門の連携がしっかり取れていることが伺えました。また、勉強会をはじめとしたコミュニケーションを通じて、こちらの課題をより深く理解しようとする姿勢を強く感じました。実際、最終的にいただいた提案を比較したところ、機能や性能はもちろん、コスト面や納期対応なども含めて、こちらの希望をバランスよく実現いただける内容で、『よくぞここまでこちらの意を汲んでくれた』と感心すると同時に、多様な課題をトータルに解決できる、総合力をもった会社であることが実感できました」

もう1つ、大きな評価ポイントとなったのが、グループ一丸となった対応力でした。

「統合OAシステムは、システム基盤からパソコンなどの端末、ネットワークまで幅広い要素で構築されていますので、全面刷新するためには多岐にわたるエンジニアが必要になります。当金庫では、システム部のマンパワーも限られているうえ、既存システムの更改時期の都合上、スケジュールもタイトにせざるを得ませんでした。そうした条件下にあって、これだけ大規模かつ複雑なプロジェクトを無事に進めていけるだろうかと、プロジェクトメンバーは不安を抱えていました。しかし、日本ユニシスさんはグループ各社からメンバーを選出し、設計・開発から導入後の運用・保守までフォローしていただける体制を組んでくれたので、非常に安心感がありました」(庄子氏)

こうした評価に加えて、情報提供や具体的な提案のなかに、信用金庫を含めた金融業界で培ってきた豊富な実績やノウハウが駆使されていたことも信頼感につながり、2012年1月、日本ユニシスは新統合OAシステムの構築パートナーに選定されました。

ページの先頭に戻る