2014年5月22日掲載

ユーザー事例

川崎信用金庫 様 信用金庫の業務を支える統合OAシステムの刷新にあたり、「セキュリティと効率性の両立」をはじめ、さまざまな課題を総合力で解決。

短期間での構築から導入サポートまでグループ総合力で対応

業務中の写真

新しい統合OAシステムが稼働を開始したのは、開発着手から約1年後の2013年11月のことでした。

「これだけ多彩なソリューションを盛り込んだシステムの全面刷新を約1年という短期間で終えることができたのは、こちらがお願いしたこととは言え、正直、驚いています」と三杉氏は振り返ります。

「金融機関という性質上、私どもの業務は止めることが許されず、業務のない夜間や土日しか作業できないという制限がありました。こうした厳しいスケジュールのなかでも、日本ユニシスさんはこちらの事情を汲み取り、限られた時間内で作業を進めてくれました。豊富な開発実績に加えて、当初期待していたグループとしての総合力があってのことだと思っています」(三杉氏)

こうした対応面での高評価は、導入に当たってのフォローについても同様だったと言います。

「長期にわたって毎日、使い続けてきたシステムを刷新するわけですから、われわれにも、ユーザーである職員にも不安がありました。スムーズな導入に向けて、日本ユニシスさんにはマニュアル類の整備から、職員を対象とした集合研修の実施まで、さまざまな支援をお願いしました。部署や役職に応じてさまざまな研修が必要になりましたので、日程をやりくりするだけでも大変だったと思いますが、本部と店舗で別々の講義内容や教材を用意いただくなど、きめ細かく対応していただけて本当に助かりました」(三杉氏)

ページの先頭に戻る