2014年5月22日掲載

ユーザー事例

川崎信用金庫 様 信用金庫の業務を支える統合OAシステムの刷新にあたり、「セキュリティと効率性の両立」をはじめ、さまざまな課題を総合力で解決。

ICTパートナーとしてさらなる支援に期待

「新システムの稼働開始からはまだ半年程度であり、その真価を発揮するのはこれからだと思います。日本ユニシスさんには、稼働後も保守要員として常駐してもらっていますので、『構築して終わり』ではなく、本部や各店舗の職員の評価をふまえて継続的な改善に協力いただき、私たちと一緒にシステムを成長させていってほしいですね」と、三杉氏は今後の展望を語ります。

庄子氏も、さらなるシステム改善への意欲を次のように語ります。

「当金庫のOAシステムの改善は、まだ始まったばかりです。今回の統合OAシステムによって、汎用性の高い情報基盤が構築できましたので、これを活用して、より効率的で使い勝手の良いシステムをつくり上げていきたい。そのためには、ICTの専門家による提案や情報提供が欠かせませんので、今後もきめ細かな対応を期待しています」

最後に、前島氏が今後の日本ユニシスに期待することを語ります。

「冒頭でも言いましたように、当金庫にとってOAシステムは業務遂行に不可欠な『道具』ではありますが、当金庫の人的資源には限りがあり、現状では、約1,500名もの職員の業務基盤を数名で支えています。それゆえ、ICT分野で頼りになるパートナーの存在が不可欠です。日本ユニシスさんには、引き続き、さまざまなことを教えていただき、相談に乗っていただきたいと思っています」

営業担当の声 グループの総合力に支えられて、広範囲にわたるシステムを短期間で構築できました。

今回の案件では、担当営業として、川崎信用金庫様内での方針策定段階から、勉強会といった形でコミュニケーションの機会をいただけました。ご対応いただいたシステム部の皆様には、私たちの情報提供や提案に真摯に向き合っていただき、「こちらが良い提案をすれば、必ず評価していただける」と確信できました。結果的に、当社をパートナーとして選んでいただいたことに、深く感謝しています。

構築段階では、私自身、これだけ広範囲にわたるシステムを短期間で構築するのは初めての経験であり、当社の各部署、各グループ会社から専門メンバーが集まったプロジェクトを円滑に進めていけるか不安もありました。各メンバーの頑張りはもちろん、各部署・各社の組織的な支援、お客様の協力もあって、1年間の構築期間を経て無事本番稼働したことには改めて自社の技術力と底力を実感しました。

今回の案件を起点として、今後、川崎信用金庫様とより一層のパートナーシップを構築し、統合OAシステムの改善・拡充はもとより、それ以外の課題に対しても有益な提案をしていきたいと思っています。

落合 壮彦の写真

落合 壮彦
金融第二事業部
営業二部 第一営業所

ページの先頭に戻る