2013年10月1日掲載

ユーザー事例

京成電鉄 様 業界初のクラウド型「踏切監視サービス」を活用し、鉄道事業のさらなる安全強化と業務効率化を追求。

鉄道の保安対策強化や業務効率化に寄与する最適なソリューションの提供に期待

イメージ写真

京成電鉄様は早くからの日本ユニシスのユーザーでしたが、踏切保安装置など列車の運行にかかわる領域では、この踏切監視サービスが初めての案件となります。北村氏は、今回のサービス導入を踏まえて次のように語ります。

「私たち鉄道会社の電気部門は、伝統的に安全性・信頼性を重視するあまり、場合によっては必要以上に堅牢で大掛かりなシステムをつくる傾向があります。しかし、今後、当社が保安対策の強化や業務効率化を推進していくためには、信頼性は確保しながら、もっとコンパクトで柔軟性があり、短期間で導入できるような情報ソリューションが必要です。その点、幅広い業種業界のシステムを手がけている日本ユニシスさんなら、当社が必要とする最適な情報システムやサービスを提供していただけると期待しています」

営業担当の声 鉄道の安全・安心と業務効率化に貢献する価値あるソリューションの提供に努めます。

現在、グループマネージャーとして、東日本エリアにおけるクラウド型「踏切監視サービス」のセールスおよびセールスサポートを担当しています。サービスのご提案にあたっては、お客様に導入効果を具体的にイメージしていただけるように、デモンストレーション画面をご覧いただき、実際に操作していただきながらご説明しています。

京成電鉄様をはじめ「踏切監視サービス」をすでにご活用いただいているお客様からは、踏切保安管理における業務効率化とコスト削減の両面から高い評価をいただいており、非常に嬉しく思っています。同時に、こうしたお客様の評価は、今後の提案活動に向けての大きな励みともなっています。

これからも全国のより多くの鉄道会社様に当社の「踏切監視サービス」をご採用いただけるよう提案活動に力を注いでいきます。また、鉄道会社様それぞれのご要望に真摯に耳を傾け、日本ユニシスグループの総合力を駆使して、保安管理強化や業務改善に貢献する価値あるソリューションの実現に努めていきたいと考えています。

村田 拓哉の写真

村田 拓哉
公共第三事業部
トランスポーテーション
ビジネス部
第一グループマネージャー

ページの先頭に戻る