2009年5月20日掲載

ユーザー事例

JR九州病院 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |

システム導入拠点の拡大や食品のトレーサビリティ確保にも意欲

固定式リーダライタを備えたゲート下を通過し、返却されるカゴ台車

PalleTracerを活用したカゴ台車管理システムの導入によって、平和島センターでは、より効率的で確実なカゴ台車のトレースが可能になりました。台帳を使った出入荷管理を開始した2008年7月からシステム導入を果たした現在まで、行方不明になったカゴ台車はほぼなくなり、補充費の大幅削減につながりました。

さらに、PalleTracerでは各カゴ台車の使用頻度が記録されるため、必要に応じて使用回数の少ない新しいカゴ台車を確保したり、劣化したカゴ台車が使われないよう廃棄するなど、カゴ台車のライフサイクル管理が容易になります。これによって車輪故障による転倒事故防止など、物流の品質を高めることができると神谷氏は語ります。

「食品の物流で大切なことは、定時に、定温で、定位置にお届けすること。これらの物流品質を高く維持しつつ、新たな顧客ニーズを先取りし、提案していくことが求められています。今回のシステム導入によってカゴ台車の不足による出荷の遅れなどがなくなりました。さらに百貨店など店内の美観に気を遣うお客様向けに、劣化の少ないきれいなカゴ台車を確保して商品をお届けできるようになるなど、お客様へのサービス向上にもつながっています」(神谷氏)

現在、紀文FS様では、他センターにおいても、「輸きち」とPalleTracerを用いたソリューションの展開を検討中です。さらに食品の安全性や品質に対する消費者の信頼に応えるため、商品そのものをトレースする日本ユニシスのソリューション導入にも意欲的です。

「食の安心・安全が厳しく問われる現在、商品のトレースシステムは食品物流の品質向上に不可欠のツールになると考えています。最終的にはお客様側での2次検品が不要なレベルまでシステム化できれば、強いアピールになるでしょう。今後とも日本ユニシスさんには新しい情報やノウハウを提供していただいて、ともに取り組んでいきたいですね」(星川氏)

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |


ページの先頭に戻る