掲載日:2006年11月30日

ユーザー事例

キッコーマン

レガシーマイグレーションによるシステム移行とDWH導入で、
国内シェアを維持・発展させる機動的なビジネス基盤を構築。

しょうゆをはじめとする各種調味料のほか、トマトケチャップやワインなどの製造・販売を手掛けているキッコーマン様。同社では、コスト競争力の強化と情報活用のさらなる推進を実現するために、汎用機を用いた既存のシステム環境の刷新とDWH(データウェアハウス)の導入を決断。レガシーマイグレーションによって既存のIT資産をオープン環境に移行させるとともに、日本ユニシスのDWH構築支援ツール「MartSolution®」を用いてDWHを構築し、システムの運用コストの大幅な削減と従来よりも高度な情報分析環境を実現しました。

野崎 貞夫氏の写真

理事
情報システム部長
野崎 貞夫氏

ページの先頭に戻る