2010年9月22日掲載

ユーザー事例

株式会社紀陽銀行 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |次へ

クリティカルな銀行業務に対応する十分な安定性・処理能力を発揮

こうした万全の準備を経て、2010年5月、BankVisionを採用した紀陽銀行様の新勘定系システムが無事カットオーバーしました。事務システム部 部長の原口裕之氏が語ります。

原口 裕之氏の写真

「初日はデータの入力に多少手間取っていたようですが、それでも多くの営業店で通常と同程度の時刻で勘定締上が完了しました。その後、新オペレーションに慣れるにしたがって締上の時間は短縮され、業務効率も向上しています」

また、移行後のデータに若干の不備があるといった初期トラブルは若干発生したものの、お客様へのサービスに影響するようなトラブルは一切起こっていません。

「業界内には、オープン系のシステム基盤に対する信頼性リスクを心配する声もあるようですが、BankVisionの安定性や処理能力は、ミッションクリティカルな銀行業務にも問題なく対応できるレベルに達しています。今後も勘定系にとどまらず幅広い銀行システムをオープンシステムベースで構築していけると確信しました」(大西氏)

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |次へ


ページの先頭に戻る