2012年5月21日掲載

ユーザー事例

kmホールディングス 様 スマートフォンを利用した日本初のクラウド型タクシー配車システムを開発し、IT投資の軽減と利用者へのサービス向上を実現。

クラウド型サービスならではの拡張性を活かして、社会から求められるサービスを追求

厳しい業界環境が続き、タクシー業界各社が強い問題意識と危機感を抱えるなかで、同グループはsmartaxiの導入を契機として、これからの時代に求められるタクシー事業のあり方を追求しています。

「クラウド型サービスを選んだのは、コストや信頼性もさることながら、拡張性に対する期待効果が大きかったためでもあります。この効果を活かして、乗務社員の使い勝手を高めるだけでなく、お客様へのサービス改善や、お客様を驚かせるような新サービスの創造につなげていきたいと考えています」(下山氏)

すでに、同グループが東京エリアで実施している会員制サービス「km My Taxi」との連動や、配車センターを介さずに直接ご利用いただける「スマートフォン配車アプリ」の提供など、タクシー利用者の利便性を高めるサービスが計画されていますが、それ以外にもさまざまなアイディアが実現可能です。

「例えば、横浜エリアでは観光客によるタクシー需要も多く、スマートフォンを利用して各車両に観光スポットやグルメ情報などを配信することで、観光タクシーとしての魅力を高めることもできると考えています。ほかのエリアでも、それぞれの地域特性を踏まえた魅力的なタクシーのあり方を考え、そのためにはどのような機能が必要か、検討していく必要があります」(長田氏)

そうした取り組みを進めていくうえで、同グループの日本ユニシスに対する期待も大きなものがあると言います。

「日本ユニシスは、『無事故プログラムDR®(ドライブレコーダー)』や電気自動車・プラグインハイブリッド車向けの充電インフラシステムサービス『smart oasis®』など、タクシー事業にかかわるさまざまなサービスを展開しています。こうしたサービスとの融合をはじめ、smartaxiの可能性を私たちと一緒に拡げていくパートナーとして、積極的な提案を期待しています」(下山氏)

営業担当の声 smartaxiのさらなる進化に向けてお客様とともに改善を続けていきます。

smartaxiの開発にあたっては、kmグループ様に多大なご協力をいただき、心より感謝しています。

smartaxiの構想は、2011年1月に開始した当社の若手スタッフによる「新規事業創出」のための勉強会から生まれました。このアイデアが、kmグループ様のニーズとタイミングよく合致したことで実現の運びとなりました。

これまでになかったシステムなだけに開発工程ではさまざまな困難がありましたが、ご要望や課題に正面から“アジャイル(俊敏)”に対応することをモットーに1つずつ解決していきました。

稼働後、お客様の開発担当者様はもちろん、配車センターや乗務社員の皆様からも評価をいただき嬉しい限りです。また、インプレスビジネスメディア社主催の「Tablet Solution Award 2012」でグランプリ(最優秀賞)を受賞するなど、IT業界内での注目度も高く、当社にとっても有意義なプロジェクトとなりました。

smartaxiは、利用していただくなかで進化を続けていくシステムだと考えています。今後も、kmグループ様との密接なコミュニケーションのもとに改善を続け、さらなる機能の拡充や使い勝手の向上に取り組んでいきます。

村島 光太郎、山本 恵美の写真

村島 光太郎(左)
ビジネスサービス事業部 営業四部
サービスビジネスプロジェクト

山本 恵美(右)
ビジネスサービス事業部 営業四部
サービスビジネスプロジェクト

ページの先頭に戻る