2015年3月20日掲載

ユーザー事例

小泉 様 営業・配送業務の効率化と交通事故の撲滅をめざし『無事故プログラムDR®』を導入。

大量の車両情報をクラウドで管理できるテレマティクスサービス

車両の写真

「車両運行管理」と「安全運転支援」を目的にドライブレコーダーの導入検討を進めてきた小泉様が選んだのが、日本ユニシスのカメラ付き携帯通信型の運行管理支援サービス『無事故プログラムDR®』でした。

無事故プログラムDRは、カメラ・GPS・携帯通信モジュールを搭載したドライブレコーダーと日本ユニシスのクラウドサービスとの連携によって実現した高機能テレマティクスサービス(注)です。ドライブレコーダーが記録した危険運転情報などは、リアルタイムに日本ユニシスのデータセンターに集約され、重要な情報が即時にお客様にメール通知されます。また、車両の位置情報や運行情報なども一定のタイミングでデータセンターに送信され、お客様は管理用Webサイトから車両の運行状況管理や危険運転統計の集計・分析などを行うことができます。

「導入にあたっては、他社のGPSドライブレコーダーも複数検討したのですが、業務が終了して営業所に戻ってこないと運行状況を確認できないとか、各営業所に管理用のシステムを導入する必要があり、いずれも当社のニーズを満たすものではありませんでした。これに対して無事故プログラムDRは、危険運転情報や車両走行ルートなどの多彩な情報をリアルタイムに管理できる点や、1,000台を超える車両情報をクラウド経由で効率的に管理できる点など、画期的なシステムだと判断し導入を決定しました」(福持氏)

(注)テレマティクス(Telematics):遠隔通信(Telecommunication)技術と情報科学(Informatics)の複合を意味する造語で、携帯通信網などの移動体通信システムを活用した次世代の自動車向け情報サービスなどを指す。

無事故プログラムDRの概要図

ページの先頭に戻る