2014年8月25日掲載

ユーザー事例

コニカミノルタ 様 グローバルな成長戦略の実施に向け、グループ各社の情報をスピーディに収集・分析する経営情報IT基盤を統合・刷新。

新基盤でもっとも重視したのは処理スピードの大幅な高速化

ところが、長年にわたって個別最適化を図ってきたことから、システムは各社各様で複雑に入り組んでスパゲティ化し、グループを横断して情報を収集・分析するには、さまざまな問題が顕在化してきました。

木南 宣良氏の写真

「メインユーザーである経理や事業企画部門へのヒアリングで浮かび上がった最大の問題は、スピードでした」

こう話すのは、同社IT業務改革部IT企画グループマネジャーの木南宣良氏です。

「経営層から求められる業務に、定型の作業はありません。“こういう情報が欲しい”といったオーダーがあると、その内容に最適なデータを収集・分析して考察を進めるわけですが、情報を収集するためにボタンを押しても、レスポンスが遅いとストレスが溜まり、頭の思考も停止して、思うように業務が進まないというわけです」

帳票も各社各様で、レポートのスタイルも1,000種類以上あり、データの精度にも大きな開きがありました。そこで、「処理スピードの大幅な高速化」「アーキテクチャまで踏み込んだシステムの適正化」「データ精度の向上」「システム統合によるコスト低減」「使い勝手や操作感の向上」といった要件に基づくRFPを作成し、6社のSIerに検討を依頼しました。

「処理スピードについては、Webサイトのユーザビリティ研究の第一人者である、ヤコブ・ニールセン博士の提言に基づき、定型レポート検索は3秒以内、時間がかかるデータ更新直後の非定型検索でも10秒以内にレスポンスが返って来ることを指標としてRFPに明記しました」(木南氏)

ページの先頭に戻る