2013年2月8日掲載

ユーザー事例

コニカミノルタビジネスソリューションズ 様 多様な情報を戦略的に活用するBIプロジェクトの推進に向けて、データウェアハウスを再構築。

データベースシステムの進化を支え続けてきた実績からBIプロジェクトにパートナーとして参画

蜂須賀 広美氏の写真

MartSolutionを選択した理由について、経営統合以来、同社の情報システム構築を担当してきたシステム開発課課長の蜂須賀広美氏は次のように説明します。

「ツールそのものの機能面やコスト面でのメリットもさることながら、ご提案いただいた営業担当者の対応が魅力的でした。他のSI企業が難しい専門用語で語るなか、日本ユニシスさんは分かりやすい言葉で説明していただけるので、システム畑出身でない私にとっては大変ありがたかったです。また、ツール自体も専門知識がなくても使いやすいものでしたので、決定に迷うことはありませんでした」

同社のデータベースシステムは、その後も事業の拡大やデータ利用者のニーズに応じて改修されましたが、その際に手を加えられたのは、DWHではなく、柔軟性に優れ生産性が高いMartSolutionでした。日本ユニシスは改修を通じてコミュニケーションを重ね、同社業務への理解と、同社システム担当者との信頼関係を深めていきました。そうした積み重ねがあり、2011年からスタートしたBIプロジェクトにもパートナーとして参画しています。

ページの先頭に戻る