2013年2月8日掲載

ユーザー事例

コニカミノルタビジネスソリューションズ 様 多様な情報を戦略的に活用するBIプロジェクトの推進に向けて、データウェアハウスを再構築。

ユーザー起点でプロジェクトを進める姿勢がパートナーとしての確かな信頼を築く

業務中の写真

BIプロジェクトの運営にあたって、日本ユニシスはMartSolutionを駆使したシステム開発にとどまらず、経営層の承認を得るための計画策定から定例会議の運営まで、さまざまなサポートを実施しました。

「当初は土台づくりに数年はかかると考えていたのですが、『費用対効果を考えれば、DWHの統合までは1年程度で一気にやり切るべき』と提案を受けて、当社のメリット優先で考えていただける姿勢に、ますます信頼を深めました」と蜂須賀氏は当時を振り返ります。

「定例会議の運営にあたっても、ベンダとユーザーという立場ではなく、同じ目的を共有するパートナーとして取り組んでいただけました。他のSI企業のなかには、ニーズ・ウォンツを十分に検討することなく、プロジェクトを進める企業もありましたが、日本ユニシスさんの場合は、こちらの言葉を1つひとつ丁寧に聞いたうえで、最適な方策を分かりやすく説明してくれました。また、定例会は各部門から集まったメンバーで構成されていますが、立場もITへの理解度も異なるメンバーの意見をどうまとめるかなど、プロジェクトの運営面にまで気を配っていただけましたので、とても心強かったですね」

こうした日本ユニシスの姿勢を、藤井氏も「技術力もさることながら、こちらの意見や要望を引き出してくれるヒューマンスキルの高さが、他社にはない魅力だと思います」と評価しています。

ページの先頭に戻る