2008年5月16日掲載

ユーザー事例

株式会社ライフコーポレーション様:将来の拡張性を視野に入れた次期基幹システムを構築しより高度で、柔軟性のある販売戦略・出店戦略を実現する。

森下 留寿氏の写真 情報システム部
部長
森下 留寿氏

平川 博紹 氏の写真 情報システム部
担当次長
平川 博紹 氏

山根 康裕氏の写真 情報システム部
開発担当 課長代理
山根 康裕氏

 

首都圏・近畿圏エリアに約200店舗を構えるスーパーマーケットチェーンとして、2006年に創業45周年を迎えられたライフコーポレーション様。同社は、厳しい競争が続く小売業界にあって、「よい商品、よいお店、よいサービス」をポリシーに、店舗数、売上ともに着実な成長を続けています。
そんな同社の成長を支えてきたのが、積極的なIT投資によって整備された情報システムです。同社は、その中に蓄積されるPOSデータを分析・活用することで消費トレンドをきめ細かく把握し、商品戦略や販売戦略に反映させています。
日本ユニシスは、2002年にWindowsプラットフォームでのデータウェアハウス(DWH)を構築して以来、長きにわたり同社のシステム構築をサポート。2007年からは、長期的な視点から情報システム改革を支える「ITパートナー」として、次期基幹システムの構築を担っています。

ユーザープロフィール

株式会社ライフコーポレーション外観の写真
設立
1956年
資本金
100億400万円
従業員数
15,874名(2008年2月期現在)
本店所在地
大阪府大阪市東淀川区東中島1-19-4
事業内容
食品を中心としたスーパーマーケットチェーン

ページの先頭に戻る