2010年1月29日掲載

ユーザー事例

ライオン株式会社 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 |

業務効率化はもちろん組織活性化や新人育成にも貢献

CAESARを使った容器解析の様子

CAEハードウェアのスペックアップとCAE運用システム「CAESAR」の導入によって、同社の容器設計の業務効率は飛躍的に改善されました。

まず、ARD社のハイスペックな解析用PCクラスタを導入し、「ソルバー」を3本増設した効果でシミュレーション処理が大幅に高速化されました。これによって、薄さと強度の最適なバランスを導き出すための徹底したシミュレーションが可能になったほか、複数のデザイン案の詳細設計を同時並行で推進できるようになりました。

一方、CAESARの稼働によって、同社の業務フローが抱えていた大きな2つの問題が解決しました。CAESARには、CAEのシミュレーション結果をデータベース(DB)で一元管理する機能があり、過去の解析結果を容易に検索・閲覧できます。さらに、ジョブ管理の自動化によって複数のシミュレーションを連続的に実行できるため、演算処理中、解析エンジニアはモニタ画面を気にせずに必要な仕事に集中できるようになりました。

また、日本ユニシスの提案で、CAESARにはシミュレーション結果をグラフ化してExcelファイルに出力する「簡易レポート機能」が付加されました。
「グラフを作成するのは意外と手間がかかるので、メンバーからは『楽になった』と喜ばれています」(中川氏)

中川氏によれば、こうしたシミュレーションのスピードアップと業務効率化は、開発部門の活性化にも寄与しているといいます。

「従来なら数日かかったデザイン案のシミュレーションが、現在では数時間で完了するようになりました。すぐに結果が返ってくるので、デザイナーも意欲的に修正案を出してくれるようになり、解析エンジニアとの意見交換も活発になっています」

加えてCAESARのDB機能は、開発業務だけでなく、新人育成においても大きな効果をあげています。

「経験の浅い新人が技術を身につけるには、まずベテランが以前に実行したシミュレーション結果を参考にしてパラメータ設定などの知識・ノウハウを学んでいく方法が効果的です。そこで、主な解析事例をひな形としてCAESARのDBに登録しておけば、簡単に検索して調べることができます。一方、指導者にとっても新人がシミュレーションしたファイルを、DBから取り出して効率的に検証できるようになりました」(中川氏)

同社には、将来、包装容器の開発だけでなく、数値演算が必要なあらゆる開発部門にCAESARを展開していく計画があるといいます。中川氏は日本ユニシスに対する期待をこう語ります。

「今後、CAESARはパッケージ販売される予定と聞いていますが、いろいろな企業に活用されることで、きっと新しいアイデアや要望がどんどん採り入れられていくでしょう。もっともっと優れた製品に発展させて、その成果を当社にも還元していただくよう期待しています」

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 |


ページの先頭に戻る