2014年11月7日掲載

ユーザー事例

明治安田損害保険 様 より迅速で正確な保険金支払いの実現をめざし『Image Flow Foundation®』を基盤にイメージワークフローシステムを構築。

保険業界における開発実績とニーズをふまえて柔軟に対応する姿勢を評価し、日本ユニシスをパートナーに選定

青木 宏一氏の写真

基本的な開発方針が決定したあと、明治安田損害保険様はコンサルティングを受けた会社を含め、複数のSIerから提案を募りました。各社が提案するソリューションを比較検討した結果、開発パートナーに選定されたのが日本ユニシスでした。

それまで接点のなかった日本ユニシスをパートナーに選んだ理由を「やはり『Image Flow Foundation®』の存在が大きかった」と語るのは、このプロジェクトにおいてプロジェクトマネジャーを務めた支払システム開発推進担当ディレクターの青木宏一氏です。

「比較したSIer各社の提案は、保険業界向けではない汎用的なワークフローシステムを基盤としたもので、そこに当社の業務フローを当てはめようとしている印象がありました。その点、日本ユニシスさんのImage Flow Foundationは、大手生命保険会社など保険業界での導入実績もあり、設計思想がしっかりしているうえに、各社固有の業務フローにも柔軟に対応できる点が魅力でした」(青木氏)

Image Flow Foundationは、日本ユニシスが長年にわたって蓄積してきたノウハウを活かして開発したイメージワークフローシステム基盤です。イメージデータ管理やワークフロー管理などにかかわる共通機能をテンプレート化しているため、各社固有の機能を柔軟かつスムーズに開発することができ、システムとしての信頼性も担保します。

「システム基盤そのものの柔軟性や自由度に加えて、ニーズをふまえて的確に提案してくれることも大きな評価ポイントでした。自社の技術やソリューションを説明するばかりでなく、こちらの意図や要望を理解することを重視する姿勢に、とても安心できました。また、業務フローを理解してもらうためにも要件定義にじっくりと時間をかけたい、という私たちの要望に沿ったスケジュールを提示してくれましたので、日本ユニシスさんにお任せすることにしたのです」(青木氏)

ページの先頭に戻る