2008年11月6日掲載

ユーザー事例

三井住友海上火災保険株式会社 様:BPM手法を用いたワークフローを構築して保険引受リスク管理の高精度化・効率化を実現。

森田 知之 氏の写真三井住友海上保険株式会社
商品本部
火災新種保険部 次長
森田 知之氏

守山 俊也 氏の写真三井住友海上保険株式会社
商品本部 火災新種保険部
企画チーム 課長代理
守山 俊也氏

今井 泰 氏の写真三井住友海上システムズ株式会社
システム改革部長
今井 泰氏

藤田 俊之 氏の写真三井住友海上システムズ株式会社
システム改革部
システム改革グループ
システムマネジャー
藤田 俊之氏

岡本 弘之 氏の写真三井住友海上システムズ株式会社
契約管理システム部
火新グループ
システムマネジャー
岡本 弘之氏

2008年4月1日、グループ経営の強化に向けて持株会社体制へと移行した三井住友海上グループ様。迅速な意思決定による機動的な市場対応と従来以上にダイナミックな事業展開を実現するとともに、「企業品質を競争力として永続的に発展する世界トップ水準の保険・金融グループ」をめざし、積極的な品質向上戦略を展開しています。
こうしたなか、グループの中核事業会社である三井住友海上火災保険株式会社様では、迅速な意思決定と保険引受リスクの的確な評価・管理を実現する「保険引受申請ワークフロー」の電子化に着手。日本ユニシスは、金融分野において培ってきた業務フロー構築の豊富なノウハウを活かして、BPM(Business Process Management)手法によるコンサルティングとシステム構築を実施。同社における業務効率化とリスクマネジメント強化を支援しています。

ユーザープロフィール

三井住友海上火災保険株式会社本社外観の写真
設立
1918年10月21日
資本金
1,395億9,552万3,495円
本社所在地
東京都中央区新川2-27-2
従業員数
14,421名
代理店数
47,294店

ページの先頭に戻る