2010年7月1日掲載

ユーザー事例

中日本高速道路株式会社 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |

本業を通じた環境貢献に向けて充電スポットの拡充に取り組む

急速充電器使用時の写真こうして海老名SAと上郷SAに設置された急速充電器は、現在も安定的に稼働しています。今後も同社では、さらなる電気自動車の普及と充電インフラの充実に向けて、認知度向上とシステム改善を図っていく予定です。

「認知度向上のために、電気自動車販売ディーラーに事前登録申し込み用紙を置いていただいたり、納車時に重ねて説明をしていただくなどの取り組みを行っています。また、『NEXCOお客さまセンター』に寄せられた意見などを参考に、利用者にとってさらに使いやすく便利な充電サービスとなるよう、日本ユニシスと一緒になって改善をしていきます。」(室氏)

また、日本ユニシスには、電気自動車や充電インフラの将来像を描くうえでも大いに期待していると中井氏は語ります。

「例えば、今は当社専用のICカードを発行していますが、これから別の有料充電サービスが登場してくれば、利便性という観点から、ICカードの共通化といった要望も出てくるでしょう。その点から考えれば、業界全体あるいは国全体を巻き込んで標準化を検討する必要があるのかもしれません。日本ユニシスには、smart oasisという一歩先を行くインフラシステムのノウハウを活かして、ぜひ存在感を発揮してもらいたいと考えています」(中井氏)

最後に、同社にとって大きな意義をもつ今回のプロジェクトについて、今後の展望を伺いました。

「高速道路事業を生業とする当社にとって、本業イコールCSRといっても過言ではありません。現在はまだ実験的性格が強い充電サービスですが、早期に高速道路内の充電ポイントを増やし、東京から愛知まで高速から降りなくても電気自動車で走り続けられる環境整備を進めていきます。同時に、将来的に収益事業として本格展開していくためのロードマップも検討していく予定です。それによって、本業を通じた地球温暖化の抑制という、まさに当社の社会的責任を果たすことにつながるものと考えています」(中井氏)

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |


ページの先頭に戻る