2012年7月19日掲載

ユーザー事例

NHKアート 様 クラウドコンピューティングサービス『U-Cloud®』を活用し、管理業務の効率化とITコストの削減を実現。

クラウドの真価、それは人的リソースをコア業務に集中させイノベーションを導く

クラウドコンピューティングとは、ITリソースを自らの資産として「所有」するのではなく、多くのユーザーで「共有」し、必要なだけ「利用」することであり、共有による“割り勘効果”によってコスト削減を実現できます。加えて、料金は使用量に応じて支払うため、導入・構築などの初期費用が不要なうえ、経費扱いとなって節税効果も得られます。さらに、閑散期や繁忙期、事業規模の拡大・縮小に合わせてリソースを柔軟に増減できる、サーバなどITインフラの運用・管理は実際の所有者であるITベンダが担うため、煩雑な業務から解放されるなど、さまざまなメリットをもたらします。

關根 章裕氏の写真

「なかでも魅力的だったのが、運用・管理業務からの解放でした」と語るのは、実際にサーバの運用・管理を担っている経営企画室 計画担当主事の關根章裕氏です。

「当社はそれまで、システムを追加するたびにサーバを導入するというスタンスでしたので、1システムにつき1サーバのシングル構成であり、ライセンスの更新やバージョンアップなどはサーバごとに対応する必要がありました。また、ベンダサポート契約の内容により、時間や曜日によっては翌日の対応となるだけでなく、作業費用が別途必要なケースもあり、多くの場合は私自身が時間外勤務で対応せざるを得ませんでした。クラウド化によってそうした業務から解放されることに、大きな期待を寄せました」(關根氏)

こうしたクラウド化のメリットは、実際に運用・管理業務を担う立場からはもちろん、組織のマネジメントを担う立場から見ても、大きな意義があります。「クラウドコンピューティングの真価は、コストや時間、そして人的リソースを効率化し、コア業務への傾注を実現することで、生産性や競争力の向上に寄与するイノベーションを導くことにある──日本ユニシスの担当者からそう聞かされたとき、これこそが私たちの望んでいたサービスだと確信でき、導入に向けた具体的な検討をスタートさせたのです」(山中氏)

ページの先頭に戻る