2012年7月19日掲載

ユーザー事例

NHKアート 様 クラウドコンピューティングサービス『U-Cloud®』を活用し、管理業務の効率化とITコストの削減を実現。

クラウドの提供実績とサービスを提供する“人”の質を重視

クラウドコンピューティングには、ネットワーク経由でアプリケーションソフトを利用する「SaaS(Software as a Service)」、アプリケーションソフトの開発や、開発したソフトをネットワーク経由で提供する際に必要な機能・環境を利用する「PaaS(Platform as a Service)」、そして、サーバなどのITリソースをネットワーク経由で必要な時に必要なだけ利用する「IaaS(Infrastructure as a Service)」などがあり、同社が必要としていたのはIaaSでした。日本ユニシスでは、これら多様なサービスを『U-Cloud®』として提供しており、さまざまな業界の260社以上のユーザーからご好評をいただくなど、業界屈指の実績を有しています。

ただし、初めからU-Cloudの導入が決定していたわけではありません。クラウドサービスを提供する複数のITベンダの提案を比較検討し、そのなかからU-Cloudを選んだのは「クラウドサービスについての豊富な実績からくる安心感もありましたが、それ以上に大きかったのが、サービスを提供する“人”の質でした」と、山中氏は語ります。

「多くの会社がパッケージ化されたサービスメニューの説明に終始するなかで、日本ユニシスは、まず当社の課題を理解し、共有するところから始めたことに好感がもてました。初対面での好印象は、サービス内容や契約条件を詰めていくなかで、より深まりました。例えば、イントラネットや社外ネットワークとの接続についても、こちらが出したさまざまな条件をもとに最適な手法を提案してもらえるなど、対応の柔軟さ、きめ細かさが際立っていました」(山中氏)

システム構成図

ページの先頭に戻る