2007年3月15日掲載

ユーザー事例

印刷用PDFダウンロード

日本郵船株式会社様 :多様に、複雑に広がる国際間輸送を“可視化”する総合物流管理システム「NEXT」を構築

毛呂 洋一 氏の写真 株式会社NYKシステム総研
物流系システムグループ
グループリーダー代理
毛呂 洋一 氏

新井 忠 氏の写真 株式会社NYKシステム総研
物流系システムグループ
物流管理システムチーム
チームリーダー
新井 忠 氏

小杉 和枝 氏の写真 株式会社NYKシステム総研
物流系システムグループ
物流システム企画チーム
小杉 和枝 氏

システムの概要

  • システム名称:総合物流管理システム「NEXT」
  • システム概要:国際物流をトータルで管理し、顧客要望に応じて容易に画面カスタマイズの行えるフレキシビリティをもった総合物流管理システム
  • 開発期間:8カ月

事例のポイント!

  • 従来は3システムで個別に管理していた情報を統合し、1つの画面で表示する総合的な物流管理システムを、Windows/.NETベースのスクラッチ開発で実現
  • パッケージ開発ではなく、.NETでのスクラッチ開発を行ったことにより、日本郵船様が蓄積してきた総合物流管理システムに必要とされる機能をほぼすべて盛り込むことことに成功

ユーザープロフィール

日本郵船本社外観の写真
設立
1885年9月29日
資本金
885億3,103万円(2006年6月28日現在)
従業員数
1,704名(2006年6月28日現在)
本店所在地
東京都千代田区丸の内2-3-2
事業内容
国際的な海上貨物輸送を行う海運事業や物流事業、ターミナル関連事業など

ページの先頭に戻る