2009年10月6日掲載

ユーザー事例

株式会社ニコン 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

原価管理業務の強化をめざしてシステム更改を検討

永井 健氏の写真

2007年、ニコン様は、「原価計算システム」の抜本的な更改を決定しました。長年にわたって使い続けたホストコンピュータシステムの刷新を機に、課題であった原価計算システムの性能・機能の向上を図り、コストマネジメント力を強化することが大きな目的です。

原価計算システムには、個々の製品の原価を入力・集計するだけではなく、コスト構造を分析して製品企画に活用することによって、企業の競争力強化に貢献する役割が望まれます。しかし、旧式のホストコンピュータシステム上に構築されたニコン様の旧原価計算システムには、ある問題がありました。今回、システムのユーザー部門という立場からプロジェクトに参加した経理部 原価課の永井健氏は次のように指摘します。

「ホストコンピュータが出力できるデータは、基本的には紙ベースの資料です。そのため『原価がどうして膨らんだのか』など問題点を分析しようとしても、ひたすら紙の帳票を見て調べるしかなく、非常に効率が悪かったのです」

薗部 秀之氏の写真

また、同社には、半導体製造装置などをカスタムオーダーで生産販売する精機事業と、デジタルカメラなどの映像機器を大量生産販売する映像事業という、大きく異なる2つの業態があります。

「本来、それぞれの事業特性に沿った原価情報を提供すべきなのですが、旧原価計算システムでは、どちらの業態もほぼ同じ形式の情報しか提供することができませんでした」

こう語るのは、今回のシステム更改の統括プロジェクトマネジャーを務めた原価課の薗部秀之氏です。

もちろん、旧原価計算システムの抜本的な更改は、以前から何度も社内の議題にあがっていました。しかし、構築から長期間経過して当時のドキュメント類は散逸し、システムの多くの部分がブラックボックス化していました。これらを解析して新たなシステムを一から作り直すには膨大な時間とコストを要するため、同社のなかでも過去に2度断念された難易度の高いシステム更改だったのです。しかし、今回、ホストコンピュータのサポート終了が決定。これをきっかけに、2007年8月、新しい原価計算システムの開発プロジェクトがスタートしました。

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

ページの先頭に戻る