掲載日:2006年2月24日

ユーザー事例

職業能力開発総合大学校

“総合的ものづくり人材”を育成するために
緻密な目標・評価に基づく画期的なカリキュラムを構築。

職業能力開発総合大学校様は、ものづくり分野を中心とした職業訓練指導員と実践的技術者の養成、職業能力開発に関する調査・研究を行う日本で唯一の機関として、1961年に設立されました。
以来、日本の製造業、とくに中小規模製造業の人材育成と技術力向上に大きな役割を果たしています。
そして2004年度からは、日本のものづくりを取り囲む環境変化に対応すべく、“経営感覚”と生産現場を支える“技術・技能”を兼ね備えた人材を育成する「総合的ものづくり人材教育訓練コース」の開発に着手。日本ユニシス・ラーニングが独自に体系化したインストラクショナルデザイン技法「UNIKIDS(R)」を活用することで、緻密な目標設定と評価をベースに教育成果を重視した人材育成カリキュラムを実現しています。

職業能力開発総合大学校
教授
荒 隆裕氏

職業能力開発総合大学校
講師
新井 吾朗氏

高度職業能力開発促進センター
教授
平野 健次氏

ページの先頭に戻る