2010年1月29日掲載

ユーザー事例

NTTコミュニケーションズ株式会社 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |

ワークスタイルを変革し、抜本的な業務合理化に貢献するソリューションとして

.Phone Collaboration with Microsoft OCSは、外出時はモバイルIP電話へ、会議時は留守番電話へ、また休暇時はボイスメールをPCへ送信するなど、着信者の状況に応じたリアルタイムかつフレキシブルな電話転送を可能にしました。また、Click to Dial機能によって、いちいち手でダイヤルする必要がなくなるなど、スマートなワークスタイルをもたらします。

吉崎 明彦氏の写真

この新サービスに対する反響についてビジネスネットワークサービス事業部 販売推進部の吉崎明彦氏が語ります。

「現在、さまざまな通信事業者がIP電話サービスを提供していますが、その多くはまだ通信コストの削減を主眼としたサービスにとどまっているのが現状です。
これに対して今回私たちがスタートさせたサービスは、例えば受信者がオフィスにいない場合、自動的にモバイルフォンに転送したり、ボイスメールにして送信するなど、ビジネスコミュニケーションの効率を飛躍的に高める画期的なサービスです。厳しい経済環境が続く現在、単にコストを削減するだけでなく、ワークスタイルを変革して抜本的な業務合理化に取り組む企業が増えています。当社の新サービスは、こうしたニーズに最適なソリューションとして、発表直後から多くのお問い合わせをいただいています」

一方、高山氏は、プロジェクトを振り返って日本ユニシスを次のように評価します。

「今回のプロジェクトでは、音声通信に関する当社の技術・ノウハウと、日本ユニシスのシステム構築の技術・ノウハウを融合できたことが大きく功を奏したと考えています。実際、日本ユニシスは、プロジェクト全般を通じてさまざまなアイデアを積極的に提案してくれるなど、もてる技術とノウハウを最大限に発揮してくれました」

展示会の様子

現在、NTTコミュニケーションズ様は、モバイルネットワークや各種のアプリケーションなどをセキュアなネットワーク上で提供するサービス基盤「Biz CITY」の整備を進めています。今後、.Phone Collaboration with Microsoft OCSについても日本ユニシスと共同で、エンドユーザーにサーバなどを用意していただくことなく、Biz CITYを通じて提供するなど、ICT Solution Partnerとしての新たな挑戦を続けています。

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |


ページの先頭に戻る