2013年7月23日掲載

ユーザー事例

岡三証券 様 証券事務の大幅な効率化を実現する次世代証券基幹系システムの基盤をWindowsベースで構築。

掲げた新システムのコンセプトは「バッチレス、キャッシュレス、ペーパーレス」

イメージ写真

こうしてシステム化の方向性が見え始めた時に打ち出したのが、「バッチレス、キャッシュレス、ペーパーレス」というコンセプトです。

「柔軟性の高いオープン系システムの特長を活かし、3つのコンセプトを充実させることで業務の効率化を図り、支店の生産性を高めたいと考えました」(松田氏)

バッチレスでめざしたのは、より新鮮な情報の提供です。例えば、市場動向と、顧客の取引内容を即座に連携できれば、ニーズをふまえた的確なサービスが提供できるようになります。

キャッシュレスの目的は、支店で現金を扱うリスクを失くすことです。銀行の引き落としや振り込みなどに対応すれば、顧客の利便性が向上し、岡三証券様も現金出納にかかわる組織の簡略化や関連業務の効率化が図れます。

ペーパーレスで取り組むのは、事務処理の合理化・効率化です。松田氏は「私が支店勤務の頃は、朝7時に出社して帳票を出力し、仕分けを行っていました」と言いますが、これが帳票の電子化でペーパーレスになればこれらの作業時間はゼロになり、時間が有効に使えます。また、社内文書も電子化することで業務スピードや意思決定が早まります。さらに、株券のペーパーレス化や取引業務の電子処理化といった電子化をともなう制度改革にも、素早く柔軟に対応できるというわけです。

ページの先頭に戻る