2013年7月23日掲載

ユーザー事例

岡三証券 様 証券事務の大幅な効率化を実現する次世代証券基幹系システムの基盤をWindowsベースで構築。

今後はICTに加えて新規ビジネスのパートナーとしても期待

イメージ写真

ODINは、岡三情報システム様への日本ユニシスとユニアデックスのたしかなサポートのもとで安定稼働を続けています。

「昨年末から市場は活況を呈し、データ量は2倍、3倍と増えています。こうした状況下でもODINは安定稼働しています。ODINは、これからの岡三証券の活動を支える重要な経営基盤ですから、このサポート体制を今後も続けてほしいと思います」(松田氏)

また今後、岡三情報システム様では、柔軟で拡張性に優れたオープン系の特長を活かし、このシステムのさらなる拡充を図っていく計画です。

「昨今は、新興国の証券取引も増えています。そうした海外市場との連携も、専用のサーバを追加するだけで簡単に対応できるようになりました。今後は、ODINの新機能として、営業や企画などをサポートするフロント系の機能強化に取り組みたいと考えています」(片山氏)

こうした意向を受け、日本ユニシスは新たな提案活動をすでに始めています。橋本氏は「日本ユニシスさんからは長年の基盤構築経験をもとに、当社のICTの方向性や考え方に則って、適宜提案してもらっています。今後も、さまざまな視点から提案してもらいたいと思います」と言います。

続けて片山氏も、「ICTは進化がとても激しい世界です。私たちもアンテナを張り、キャッチアップに努めていますが、日本ユニシスさんにもICTパートナーとして、最新技術を私たちの中に浸透させる役割を担ってほしいと思います」と、日本ユニシスへの期待を語ります。

営業・SEの声 「日本ユニシスを選んで正解だった」と確信していただける提案に、これからも努めます。

岡三証券グループ様には50年以上もお付き合いいただき、深く感謝しています。当社では岡三証券グループ様と良好な関係を築くため、当初から関係各部署様の視点や、経営計画、景気動向などを考慮した提案を心がけてきました。こうした姿勢が評価につながったものと考えています。

今回のプロジェクトは、ホスト資産約800万ステップをオープンシステムに移行するという大規模なものでしたので、ご多忙な経営層や管理者の皆様に品質や進捗などをタイムリーに把握していただけるよう、可視化に努めました。これにより、問題が発生した時も、いち早く内容を確認して判断を下していただき、スムーズに進行できたと考えています。

数年に及んだプロジェクトを無事に稼働できた時は、メンバー一同、大きな達成感と成長を感じました。お客様にも高く評価していただき、とても嬉しく思います。

今後も「日本ユニシスを選んで正解だった」と確信していただけるよう、お客様視点での提案を続けていきます。

原田 寛明、森 賢治の写真

原田 寛明(左)
金融システム第一本部
システム一部 部長

森 賢治(右)
金融第一事業部
営業三部 第一営業所 所長

ページの先頭に戻る