2012年2月28日掲載

ユーザー事例

大阪府 様 電気自動車の普及を促進する“世界初”の急速充電インフラシステムを構築し経済活性と環境保全の両立を図る。

EV普及の加速とともに『smart oasis®』を基盤とした新たな施策も着々と推進

大阪府様ではその後も設置先の拡大を進め、2012年1月現在、ネットワークに接続された府内の急速充電器は24基にまで増加。府内のEV台数も、当初目標に掲げた1,000台を今年度中に突破する見込みです。

「これほど短期間でインフラを整備できたのは、日本ユニシスの協力があったからこそ。運用面に関してもユーザーからの申込受付、カード発行、利用状況のデータ管理・配信、さらには設置事業者様やユーザーからの問い合わせへのコールセンター機能など、あらゆる面で日本ユニシスに協力していただいています。急速充電に慣れないユーザーからの質問に1つひとつ丁寧に答えてもらっているおかげで、利用者もどんどん増えています」(片山氏)

また、smart oasisを基盤とした新しい取り組みも進んでいます。2011年3月には、府内の民間タクシー会社による50台のEVタクシー導入に助成。EVタクシーの利用拡大と、まだ馴染みのない府民が街中でEVや充電の様子を目にする機会を増やし、未来の姿を感じ取れる施策を実施しています。

「充電インフラの整備は、EVタクシーの普及にも大いに貢献します。例えば、大阪市内から数十km郊外の都市へお客様を乗せて走る場合でも、出発前に行き先近くの充電器を予約しておけば安心ですから」(岡田氏)

ほかにもEVに搭載されているカーナビやスマートフォンに、充電可能場所情報やリアルタイムでの利用状況(満空情報)を配信する仕組み、またEVを使ったカーシェアリングサービスとの連携や、フェリカカードの特性を利用した公共交通機関とのカード連携など、新しい広がりが次々と生まれています。

ページの先頭に戻る