2012年5月21日掲載

ユーザー事例

佐賀県 様 柔軟なシステム構成が可能なクラウドを活用し県内すべての救急車にiPadを配備して救急医療現場の見える化を実現。

使い勝手が大幅に向上した新『99さがネット』

99さがネット使用イメージ写真

新システムでは、救急隊員がiPadから『99さがネット』にアクセスし、画面をタッチしながら患者の症状などを入力して検索を開始します。その使い心地について、消防署の隊員からも「タッチするだけなので入力も早く、とても楽です」という評価が寄せられました。また、表示される検索結果画面の工夫点について、円城寺氏が次のように紹介してくれました。

「まず、医療機関の応需科目を従来の○(受入可能)、×(受入不可)に加えて◎(積極受入)を追加し、積極的に診療したい科目がアピールできるようにしました。また、表示する医療機関は更新の新しい順とし、新しい情報を提供している医療機関ほど選ばれやすい仕組みにしました」

この工夫点についても、現場の消防隊員から、「管轄地区外へ搬送するとき、この画面から各医療機関が得意な診療科目や受入状況がひと目でわかるので、効率よく搬送先を選定し、受入交渉ができるようになった」と言います。

搬送が終ると、救急隊員は担当した内容を搬送実績としてiPadで入力します。搬送を断られた場合は、その情報もあわせて入力します。

「搬送実績は入力しやすいよう選択式を中心にし、入力欄へカーソルが自動で移動するなどの工夫をしました。その結果、現在ほぼ100%がリアルタイム入力されています」(円城寺氏)

搬送実績を参照することで、搬送先が重ならないよう配慮できます。また、受入不可の医療機関を事前に除いて搬送先が検討できるため、適正な医療機関を迅速に選ぶことができます。

「どんなに素晴らしいシステムも、使われないと意味はありません。そのため、少しでも使い勝手がよくなる取り組みを推進しています」と、円城寺氏は強調します。

ページの先頭に戻る