2012年12月14日掲載

ユーザー事例

特定非営利活動法人佐渡地域医療連携推進協議会 様 100を超える医療・福祉関連施設の連携をめざした地域医療連携システムを構築し、佐渡島における医療レベルの維持を図る。

双方向システムで医療施設も島民も参加しやすい地域医療連携システムを

業務中の写真

同協議会では、地域医療連携ネットワークの構築にあたって主に3つの目標を設定しました。1つ目の目標は、「参加するすべての施設で情報の提供と参照が可能な双方向システムとする」こと。地域医療連携ネットワークは、島内の医療関連施設が互いに情報を共有し、活用することが構想の基本となっているからです。

2つ目の目標は「ネットワークへの参加を促進するため、参加施設の業務負荷とコスト負担を可能な限り抑える」ことです。新たな業務負荷や費用負担が発生するのでは、ネットワークへの参加意欲を低下させてしまいます。そこで、とくに医療機関には、電子カルテなど新たなシステムの導入を求めることなく、施設が従来から利用しているシステムや機器から必要な医療情報を自動で取得するといった負担の少ない仕組みを整備することとしました。

そして、3つ目の目標が「島民にメリットがわかりやすく、情報共有に多くの人から同意してもらえるシステムとする」こと。参加施設の数と同様、医療・介護情報の共有に同意する患者の数を確保できて初めて地域医療連携ネットワークとしての機能を発揮することができるからです。

これらの目標を実現するネットワークシステムを構築するために、同協議会では1年をかけて詳細な要件定義書を作成し、ITベンタに提案を依頼。その結果、2012年3月に開発パートナーとして日本ユニシスが選定されました。

日本ユニシスが評価を受けた最大のポイントは、同協議会から提示された要件をすべて網羅し、要件1つひとつについて根拠を示して実現に向けた具体的な方策を提案したことでした。また、医師など実際のシステム利用者も高齢化が進んでおり、ICTシステムに対する知見や習熟度が高くないことを考慮し、操作が容易で閲覧性に優れたユーザインタフェースを提案するとともに、事業継続の観点から保守・運用コストを抑えながら安定したシステム稼働が可能な内容であったことも高い評価を得ました。

「私たちがめざす姿をよく理解してくれて、もっとも納得できて、信頼できる提案をいただいたのが、日本ユニシスさんでした。多くの島民、そして医療関連施設に参加を呼び掛ける新しい試みですが、日本ユニシスさんであれば安心してお任せできると評価しました」(佐藤氏)

さどひまわりネットの概要図

ページの先頭に戻る