2010年9月22日掲載

ユーザー事例

株式会社佐賀銀行 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

新システムの柔軟性を活かし新商品・新サービスをスピーディに提供

今後も佐賀銀行様は、中期経営計画のもとCS向上を継続的に推進するために、新システムの豊富な機能を積極的に活用していく予定です。

「BankVisionには新機能の追加・変更が容易にできるという特長がありますから、お客様の多彩なニーズに対応した新商品・新サービスをタイムリーに提供していきたいと考えています」(二瓶氏)

さらに同行では、今後、さまざまな周辺システムの開発・導入を検討しており、それらを進めるなかでも3行の共同化によるメリットを追求していく考えです。

店舗内の写真

「今後の展開についても、3行で協議しながら、品質・コストに優れたシステムを効率的に開発・導入していきたいと思っています。日本ユニシスには、こうした共同化プロジェクトにおけるシステムパートナーとして、より良い開発プランを提案してもらえることを期待しています」(井上氏)

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |


ページの先頭に戻る