2008年7月31日掲載

ユーザー事例

株式会社サイゼリヤ様:経営状況を多面的・網羅的に分析できるDWHによってより戦略的なデータ活用と意志決定の迅速化を実現

堀田 康紀氏の写真 取締役 経営企画部
部長
堀田 康紀氏

杉山 完二氏の写真 情報システム部
課長
杉山 完二郎氏

須藤 政博氏の写真 情報システム部
課長
須藤 政博氏

 

健康的でおいしいイタリア料理を、誰もが「毎日」食べられる価格で提供する――創業以来、人々に豊かな食文化を提案してきたサイゼリヤ様は、厳しい事業環境が続く外食業にあって、ここ10年間で店舗数を3倍強まで拡大。さらにはファストフード、ファストカジュアルなど新業態の店舗もスタートさせ、2008年6月末現在、日本全国に770店舗を展開しています。
この同社の成長を支えているのが生産から流通、店舗運営までのさまざまなデータを集計・蓄積する情報システムです。積極的な事業拡大にともなって社内各部門が必要とする情報の種類、分析ニーズが多様化するなか、同社は日本ユニシスが提供するWindows®/.NETベースのDWH(データウェアハウス)構築支援ツール『MartSolution®』を活用し、より高度な情報活用に取り組まれています。

ユーザープロフィール

株式会社サイゼリヤ外観の写真
設立
1973年5月1日
資本金
86億1,250万円
従業員数
正社員1,482名(2007年8月期・単体)
準社員5,876名(2007年8月期・単体)
本社
埼玉県吉川市旭2番地5
事業内容
イタリア料理店「サイゼリヤ」をチェーン展開するフードサービス業
店舗数
770店舗(2008年6月末現在)

ページの先頭に戻る