2010年11月30日掲載

ユーザー事例

株式会社スタートトゥデイ 様

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

ユニアデックスに対する信頼感も選定のポイント

また、同社がユニアデックスをパートナーに選んだ理由は、クロスビームXシリーズのスペックの高さ以外にもあったといいます。「まず、提案力が優れていたことです。実は、最初の段階では他社と同じようなネットワーク構成を提案してきたのですが、いろいろと話をするなかで『こんなものもありますよ』と、クロスビームXシリーズが出てきたのです。先ほどお話ししたように、我々も最初は検討の範囲外に置いていたほどですから、ユニアデックスがこの案を提示してきたということは、それだけニーズの本質を捉えていたということでしょう。また、当社が迷ったときにはいくつか選択肢を用意してくれるなど、プランの立て方にも提案力の高さを感じました」(荻原氏)

また、大蔵氏はサポート力も重視したといいます。

「当社は、取引先とは長いお付き合いがしたいと考えています。ですから、導入時だけ一所懸命に取り組むのではなく、稼動後にトラブルが発生したときにも責任をもってサポートしてくれる会社を求めているのです。ユニアデックスに関していえば、豊富なサポート実績も安心材料の1つではありましたが、それ以上に当社への対応を見ていて『ここなら大丈夫だろう』と思わせるものがありました」(大蔵氏)

こうしてクロスビームXの採用が決定し、ユニアデックスによる新ネットワークの構築がスタート。6月25日にスタートする2010年夏のセールに間に合わせるため、6月中旬に移行が完了しました。通信事業者以外では、国内初のクロスビームXシリーズ導入事例です。

「当社がアドレス体系などの要件を決めた後は、基本的にユニアデックスにすべてお任せしたのですが、プロジェクト進行はスムーズで何の問題もありませんでした。ネットワークが稼働した今も、信頼できるパートナーだという印象は変わっていません」と荻原氏は評価しています。

クロスビームXシリーズと一般的なネットワークとの比較

前へ| トップ | 1 | 2 | 3 | 4 |次へ

ページの先頭に戻る