2014年1月20日掲載

ユーザー事例

トーエネック 様 「高圧一括受電」と「電力の見える化」を融合し、お客様に積極的な節電を促すMEMSサービス「EneTOC(エネとっく)」を開発。

電力の自由化が進むなか「提案型」の新規事業を拡大

電力供給設備や電気設備をはじめ、環境関連設備、情報通信設備など、日々の暮らしや産業を支えるインフラの整備・構築を通して幅広く社会に貢献しているトーエネック様。同社は業界トップレベルの技術力・提案力によって、各種設備の導入プラン策定から設計・施工、監理、保守、さらにはエネルギーの有効利用の提案まで、トータルなサービスを提供しています。

高木 靖人氏の写真

とくに近年、トーエネック様が新規分野として力を入れているのが、地球環境やエネルギーにかかわる「エコソリューション事業」です。新規事業拡大の背景について、営業本部 エコソリューション部で事業グループ長を務める高木靖人氏は次のように語ります。

「当社は中部電力から業務を委託されていますが、その売上比率は全体の5割程度です。電力の自由化など今後のビジネス環境の変化を考えれば、中部電力以外の民間分野をさらに強化・拡大していく必要があります。そのために事業全体を“提案型”に変えていくことが重要課題となっており、エコソリューションをその中核となる事業と位置づけています」

こうした背景から、同社では太陽光発電など環境に優しい新エネルギー活用の提案をはじめ、公立の小中学校や高校の空調設備導入を支援する「学校空調サービス」、お客様の敷地内に井戸を掘り、汲み上げた地下水をろ過して飲料水や工業用水として供給する「地下水利用サービス」など、培った高度な工事技術・設備技術と、独自のアイデアによって新規分野を積極的に拡大しています。

ページの先頭に戻る